05.09.2019
08:30–10:00

経済成長を加速させる新たな方策

生産性リーダー:アジアとヨーロッパの経験を活用して地域の成長をサポート


ロシア連邦が世界の5大経済国に列を連ね、マクロ経済の安定性を維持しながら世界を上回る経済成長率を確保するためには、農業分野で生産性の高い輸出志向のセクターを作り、同時にロシアを世界経済に巧みに統合する必要がある。世界経済への統合はグローバルな生産チェーンへの参加を前提としており、これには必然的に近代技術に基づく業務効率性と質に対する体系的なアプローチが必要となる。会議中にヨーロッパとアジア太平洋地域のパートナーは、経済の競争力を高めるために労働生産性の継続的成長を確保する実証済みの方法を提示し、リーン生産方式、ロボット化、デジタル化導入の結果、ビジネス環境に推進力をもたらすツール、輸出可能性の開発、管理負担の軽減、人的資源管理の効率性改善、雇用システム開発の結果を共用することになる。国家の特性を考慮して、設定された目標を達成するために、東洋と西洋のどちらの経験が特に求められるのか?最適な組み合わせを特定するために、どのような側面と傾向に注意を向ける必要があるのか?ロシア極東の重要な非資源産業に知識とモデル解決策を提供するための共同プロジェクトを特定し、開発する方法は?これにはどのようなリソースが必要となるのか?


Moderator:
Alexander Ivlev — CIS Managing Partner, Deputy Regional Accounts Leader for Central, Eastern and Southeastern Europe & Central Asia, EY

Panellists:
Alexander Liberov — President, Siemens in Russia
Katsutoshi Nishimoto — Senior Vice President, Toyota Motor Europe
Maxim Oreshkin — Minister of Economic Development of the Russian Federation
Koh Poh Koon — Senior Minister of State, Ministry of Trade and Industry of the Republic of Singapore
和 振偉 — 中国産業海外発展協会副秘書長

Front row participants:
Pavel Kadochnikov — Vice Rector for Research, Russian Foreign Trade Academy of the Ministry of Economic Development of the Russian Federation
Marc Carena — Director General, McDonald’s in Russia
Sergey Kolesnikov — President, TechnoNICOL Corporation
Vadim Khromov — Deputy Chairman of the Moscow Region Government

05.09.2019
09:00–10:30

ビジネス対話

ロシア – 日本


前年は、ロシアと韓国の最高首脳が最も積極的に交流した年となった。韓国のムン・ジェイン大統領がロシアを訪問し、イ・ナギョン首相が東方経済フォーラムでロシアと韓国のビジネス対話の名誉ゲストとなった。韓国は最大級の産業展示会「INNOPROM-2018」パートナー国に選ばれた。地域間協力に関する初のロシアと韓国のフォーラムが成功裏に開催された。ロシア極東に対する韓国企業の関心は高まり続けている。両国間の強化された協力関係は首脳レベルで積極的に支援されており、2019年の初めに両国は9つのセクターでの協力計画に署名した。この計画はエネルギー、鉄道、北海航路の開発、造船、農業の分野での両国の相互協力を規定している。ロシア極東へのブリヤート共和国、ザバイカリエ地方、ロシア北極圏地域の参入により、さらなる協力の機会も開かれた。ロシア極東拡大に伴い、地域固有の天然資源の供給と韓国の投資家向けビジネス環境の提供準備が整い、これは需要をさらに上回る勢いである。ロシア極東への韓国の投資を誘致するために役立つ具体的かつ効果的な方策に移行する時が来た。昨年のフォーラムからの1年で、ロシア極東で韓国企業のどの投資プロジェクトの開発が進んだのか?提案されている「9つの橋計画」の内、いずれの橋が最速で建設できるのか、また優先されるべき橋はどれなのか?ロシア極東におけるロシアと韓国の経済・投資協力の発展のために、どのような新しいメカニズムとツールが求められるのか?


Moderators:
朝田 照男 — 丸紅 株式会社 取締役会長
Alexey Repik — President, Delovaya Rossiya (Business Russia); Chairman of the Board, Group R-Pharm

Panellists:
オレグ ベロゼロフ — ロシア鉄道公開株式会社最高経営責任者
飯島 彰己 — 三井物産 株式会社 代表取締役会長
Satsuki Katayama — Minister of State for Regional Revitalization; Minister of State for Regulatory Reform; Minister of State for Gender Equality; Minister in charge of Women's Empowerment
Maxim Oreshkin — Minister of Economic Development of the Russian Federation
Nobuhiko Sasaki — Chairman, Chief Executive Officer, Japan External Trade Organization (JETRO)
弘成 世耕 — 日本経済産業大臣
Roman Trotsenko — Founder, Chairman of the Board of Directors, AEON Corporation
Takeshi Uchiyamada — Chairman of the Board of Directors, Toyota Motor Corporation
Yoshiharu Ueki — Chairman of the Board of Directors, Japan Airlines
Nikolay Tsekhomskiy — First Deputy Chairman – Member of the Management Board, State Development Corporation "VEB.RF"
Vladimir Yakushev — Minister of Construction, Housing and Utilities of the Russian Federation

Front row participants:
Anatoly Artamonov — Governor of Kaluga Region
Stanislav Voskresensky — Governor of Ivanovo Region
幸次 尾身 — 科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム(STSフォーラム)設立者、理事長
Aleksey Khachay — General Director, Japanese Project Promotion Vehicle in the Far East
Shinji Hirai — Governor of Tottori Prefecture
ピョートル シェラハエフ — NPO法人 極東投資誘致・輸出支援局長官

05.09.2019
09:30–11:00

ロシアの極東と環太平洋地域:協力関係発展に向けて

ロシア極東と環太平洋地域の環境: 協力に向けた長期的展望


11件の連邦プロジェクトを含むエコロジー国家プロジェクトは、新しい環境政策を作成し、ロシアの天然資源を保護・再生し、一般の人々間で新たな環境意識を育むことを目標とする。「廃棄物」、「大気」、「水」、「技術」、「生物多様性」の主要分野をカバーする5件のプロジェクトが、2024年までの6年間で実施することが不可欠である。これらのプロジェクトはロシア極東でどう実施されるのか?地域の投資環境にどのような影響を与えるのか?どのような実践例を適用できるのか?これらのプロジェクトは、地域の生活水準をどのように向上させるのだろうか?


Moderator:
マリヤ モルグン — テレビ局「ジヴァヤ・プラネッタ(生きている惑星)」編集長、全ロシア国営テレビ・ラジオ放送会社 テレビ特派員

Panellists:
Thani bin Ahmed Al Zeyoudi — Minister of Climate Change and Environment United Arab Emirates
Zarina Doguzova — Head, Russian Federal Agency for Tourism
セルゲイ イワノフ — 自然保護活動・環境・輸送問題ロシア連邦大統領特別代表
ミハイル カリサロフ — 有限責任会社「シブール」取締役、本部長
Dmitry Kobylkin — Minister of Natural Resources and Environment of the Russian Federation
Alexey Likhachev — Chief Executive Officer, State Atomic Energy Corporation ROSATOM
Anna Popova — Head, Federal Service for Surveillance on Consumer Rights Protection and Human Wellbeing

Front row participants:
Irina Arkhipova — Public Affairs and Communications Director, Coca-Cola HBC Russia
Natalia Gonchar — Vice President for Environmental Health and Safety (EHS), Russian Copper Company
David Geovanis — General Director, Somerset International
イルダル ネヴェロフ — 有限責任会社「セヴェル(北)」 社長
Ramil Nizamov — Deputy Head, Federal Service for Supervision of Natural Resources
Nikolay Nikolaev — Chairman of the Committee on Natural Resources, Property and Land Relations, State Duma of the Federal Assembly of the Russian Federation
Artem Sedov — General Director, The Big Three (Bolshaya Troyka)
Dmitriy Khan — Deputy General Director, Project Initiatives Development Agency
和 振偉 — 中国産業海外発展協会副秘書長

05.09.2019
09:30–11:00

ロシアの極東と環太平洋地域:協力関係発展に向けて

世界経済のソフトパワーとしてのマスメディア:マスメディアはビジネス・国際貿易協力の発展にどう貢献するのか?


グローバルな情報空間が地政学、経済、技術、イデオロギー対立すべての要素が組み合わさった巨大な競争の場に変わったという事実は、誰もが認めている。経済制裁と貿易戦争がタブロイド紙のトップページや世界中のテレビニュースから離れることはなく、国際的な緊張の高まりを容認するだけとなっている。マスメディアは複雑な地政学的闘争を行うための道具であり、それを使用する参加者はますます利率を上げ、自らの経済的利益のみを追求していることは明らかだ。ジャーナリストはこのように状況を悪化させる代わりに、国際協力及びビジネスを発展させ、地域や世界規模でビジネス環境を改善することを目的とした積極的な経済的課題を提起する平和の仲裁者としての役割を果たすことができるのか?


Moderator:
Stanislav Natanzon — Anchor, Russia 24 TV Channel

Panellists:
Maria Zakharova — Director, Department of Information and the Press, Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation
Ninjjamts Luvsandash — General Director, Mongolian National Public Radio and Television
Alexander Machevskiy — Senior Vice President, State Development Corporation "VEB.RF"
Vasily Pushkov — Director of International Cooperation Directorate, Rossiya Segodnya International Information Agency
Rishabh Sethi — Head of International Projects, BRICS International Forum; Member, Friends for Leadership (FFL);
Kartikeya Sharma — Political Editor, Wion News

05.09.2019
09:30–11:00

ビジネス対話

ロシア – 韓国


前年は、ロシアと韓国の最高首脳が最も積極的に交流した年となった。韓国のムン・ジェイン大統領がロシアを訪問し、イ・ナギョン首相が東方経済フォーラムでロシアと韓国のビジネス対話の名誉ゲストとなった。韓国は最大級の産業展示会「INNOPROM-2018」パートナー国に選ばれた。地域間協力に関する初のロシアと韓国のフォーラムが成功裏に開催された。ロシア極東に対する韓国企業の関心は高まり続けている。両国間の強化された協力関係は首脳レベルで積極的に支援されており、2019年の初めに両国は9つのセクターでの協力計画に署名した。この計画はエネルギー、鉄道、北海航路の開発、造船、農業の分野での両国の相互協力を規定している。ロシア極東へのブリヤート共和国、ザバイカリエ地方、ロシア北極圏地域の参入により、さらなる協力の機会も開かれた。ロシア極東拡大に伴い、地域固有の天然資源の供給と韓国の投資家向けビジネス環境の提供準備が整い、これは需要をさらに上回る勢いである。ロシア極東への韓国の投資を誘致するために役立つ具体的かつ効果的な方策に移行する時が来た。昨年のフォーラムからの1年で、ロシア極東で韓国企業のどの投資プロジェクトの開発が進んだのか?提案されている「9つの橋計画」の内、いずれの橋が最速で建設できるのか、また優先されるべき橋はどれなのか?ロシア極東におけるロシアと韓国の経済・投資協力の発展のために、どのような新しいメカニズムとツールが求められるのか?


Moderator:
Mikhail Korostikov — Observer of International Divison, Kommersant Publishing House

Panellists:
グリゴリー ベリョズキン — ESNグループ 取締役会会長
Choi Won Bo — General Director of the Far Eastern Representative Office, Lotte International
アレクサンドル イスリンス — 公開会社「極東海洋船舶会社」(FESCO)社長
Lee Kang-deok — Mayor of Pohang Metropolitan City
アレクサンドル クルチコフ — ロシア連邦極東発展省、投資プロジェクト実現化局長
Vladimir Padalko — Vice President, Chamber of Commerce and Industry of the Russian Federation
アレクセイ ラフマノフ — 株式会社 「統一造船会社」社長
Park Seung Yong — Senior Executive Vice President, Hyundai Heavy Industries Co
I Hoseok — Vice President, Convergence Medical Institute of Technology, Pusan National University Hospital
Han Jin Hyun — Executive Vice Chairman, Korea International Trade Association (KITA)

Front row participant:
コンスタンチン ボグダネンコ — 「アヴィアポリス(航空都市)ヤンコフスキー」社長

05.09.2019
09:30–11:00

経済成長を加速させる新たな方策

ロシア極東地域の投資魅力の向上


最終会議には極東連邦管区大統領全権代表、ロシア極東開発省大臣、その他の連邦執行機関長及び極東連邦地域長が参加し、最適なビジネス環境創設、ロシア極東地域における各活動組織の本部(プロジェクト用オフィス)の効率性向上を議論する。投資環境の国家格付けの結果、2017年1月31日付けで承認されたロシア連邦政府令147-r号により認められたロシア連邦構成主体の投資魅力向上及びビジネス簡素化手続きモデル導入の現状が審議される。


Moderator:
Andrey Sharonov — President, Moscow School of Management SKOLKOVO

Panellists:
ニキータ アニシモフ — 極東連邦大学(DVFU) 学長代行
Andrei Belousov — Aide to the President of the Russian Federation
Alexander Braverman — General Director, Chairman of the Board, Russian Small and Medium Business Corporation
Alexander Kalinin — President, All-Russian Non-Governmental Organization of Small and Medium-Sized Businesses OPORA RUSSIA
Sergey Katyrin — President, Chamber of Commerce and Industry of the Russian Federation
Boris Titov — Presidential Commissioner of the Russian Federation for the Protection of Entrepreneurs’ Rights
ロベルト ウラゾフ — 職能集団及び人材発展庁「ワールドスキルズ・ロシア」同盟 理事長
Svetlana Chupsheva — General Director, Agency for Strategic Initiatives to Promote New Projects
Alexander Shokhin — President, Russian Union of Industrialists and Entrepreneurs (RSPP)

05.09.2019
09:30–11:00

経済成長を加速させる新たな方策

ロシア極東と北極の資源基盤: 現状と展望


ロシア極東及び北極圏は、国家の特別地理戦略的利益が見込まれる地域であり、同地域のために社会経済開発にとって最も有利な環境を作り出すことが必要となっている。両地域は、炭化水素原料と固体鉱物埋蔵量の点で非常に有望とされている。鉱物の採掘量が減少している状況において、ロシア極東・北極圏の資源基盤の開発により、エネルギー・鉱物原料の莫大な埋蔵量を誇るロシアの地位の維持と強化を確実にすることができる。ロシア極東・北極圏の鉱物資源の可能性が重要視される一方、これらの地域では地質調査は不足しており、一貫性がないという特徴がある。地質調査回数の大幅な増加が求められており、これにより鉱物資源基盤の拡大・再生産加速化、炭化水素・固体鉱物の長期的かつ安定した生産レベルの確保が可能となる。鉱業・地質産業の特徴として、検討中のマクロ地域へ開発の重点が徐々にシフトしている点が挙げられる。地質調査プロジェクトへの投資の魅力を高めるためには、法的基盤及びインフラ整備を改善し、プロジェクト実施の全段階における効率性を高めることができる新しい技術的解決策を取り入れる必要がある。地質調査への国家融資を増やし、北極圏及びロシア極東における戦略的重要鉱床を特定し、有望な下層土の地質探査を確実にするメカニズムを開発することが肝要である。ロシア連邦の北極圏の下層地質探査プログラム企画も考案しなければならない。これには、とりわけ、同地域の鉱物資源基盤の再生、北極海航路の復活及び下層プロットの流動性の高いファンドの設置が含まれており、地域の社会経済開発の加速につながることになる。現状を改善する方法とは?どのような措置策が必要なのか?地域、特に地質探査に投資を誘致するために最も効果的なインセンティブとは?これらの地域の開発にビジネスはどの程度関心を寄せているのか?


Moderator:
セルゲイ ゴリコフ — General Director, Chairman of the Management Board, Rosgeologia

Panellists:
シフ ヴィクラム ヘムカ — SUN グループ 副社長
前田 匡史 — 株式会社 国際協力銀行 代表取締役副総裁
Kirill Molodtsov — Aide to the Chief of Staff, Presidential Executive Office
Vitaliy Nesis — Group Chief Executive Officer, Polymetal
Sergey Nosov — Governor of Magadan Region
Andrey Patrushev — Deputy Chief Executive Officer, Shelf Projects Development, Gazprom Neft
Dmitry Pristanskov — State Secretary – Vice-President, Norilsk Nickel
Andrey Fedotov — Permanent Representative of the Republic of Sakha (Yakutia) to the President of the Russian Federation; First Deputy Chairman of the Government of the Republic of Sakha (Yakutia)
デニス クラモフ — 公開型株式会社「ノヴァテク」取締役会副会長
アレクセイ チェクンコフ — 株式会社 ロシア極東・バイカル地域開発基金総裁

05.09.2019
09:30–11:00

ロシアの極東と環太平洋地域:協力関係発展に向けて

デジタルエネルギーの飛躍的進歩


世界のエネルギー分野での競争はより複雑化している。エネルギー資源採掘の効率性向上により、エネルギー埋蔵量のコスト効率性も改善したが、世界経済の減速と全カテゴリー消費者のエネルギー効率の上昇に伴い、世界市場のボラティリティが大きくなっている。これらの条件下で最も収益性が高いのは、エネルギーキャリアまたは電気や追加サービスを含む完全な高付加価値製品の販売となるのだろうか?燃料及びエネルギー産業の全セクターで市場シェアを維持及び向上させる要因となるのは、先進的な革新的開発を行いパートナーシップを構築する国家と企業の意欲とその実現可能性であることは明らかである。同様に重要なのは燃料の環境への影響、燃料製造、輸送、及び利用方法である。これらすべての要素を考慮することは、今日の企業が将来のエネルギーマップ上での地位を確保する唯一の方法である。この不確実性に満ちた時代において、どのようにセクターの投資の魅力を維持できるのだろうか?どのような開発戦略を選択する必要があるのか?エネルギー部門における天然資源と知的財産の価値を最大化する方法とは?


Moderator:
キリル ドミトリエフ — ロシア直接投資基金総裁

Panellists:
Andrey Vagner — Chairman of the Board, Acting General Director, T Plus
アレクサンドル ジューコフ — 公開会社 「ガスプロムネフチ」社長
ドミトリー コノフ — 公開会社「シブール・ホールディング」社長 、有限責任会社「シブール」社長
Pavel Livinsky — Director General, Rosseti
Alexander Novak — Bộ trưởng Bộ Năng lượng LB Nga
Liu Zhenya — Chairman, Global Energy Interconnection Development and Cooperation Organization (GEIDCO)

05.09.2019
09:30–11:00

ロシアの極東と環太平洋地域:協力関係発展に向けて

国際貿易のデジタル変換:Eコマースやその他の可能性


デジタル変換は現在のプロセスの自動化ではなく、「数値化」された世界による根本的なパラダイムシフトである。パラダイムシフトは、ビジネス、貿易、教育、行政、社会圏、対人コミュニケーションなど、あらゆる生活分野に関連する。もちろん、最も顕著な変化は、貿易と小売関連分野に見られる。デジタル革命は、世界貿易に新たな課題とリスクをもたらす。世界の人口動態プロセスならびにデジタル変換プロセスの不均一性、規制慣行、物理的インフラ、デジタル領域発展のレベルの不一致により、世界の経済中心地のアジアへの移行、インターネットトラフィックの所有者間の貿易フローの寡占化、貿易の非国家化、及びグローバル競争の急激な増加をもたらしている。デジタル変革の時代では、産業経済はデジタル経済に取って代わられる。かつて工場の登場により標準化された製品の生産可能性が革命的になった時代と比較すると、今日の製品の主なトレンドはカスタマイズ、需要作成、商品の豊富さを背景とした独自のニッチ形成となっている。将来の世界貿易のイメージとは?また、デジタル変革の主な傾向とは?ロシアは、国際貿易のデジタル変革の世界的なプロセスにおいて、どのような立場を取るべきか?新世代のサービスを促進し、世界のデジタル経済にロシアの製造業者が参加するために必要な条件を作成するために、国家及び研究機関はどのような措置をとる必要があるのか?


Moderator:
Andrey Slepnev — Chief Executive Officer, Russian Export Center

Panellists:
Maxim Akimov — Deputy Prime Minister of the Russian Federation
Ekaterina Grishkovets — Vice President, Far Eastern Shipping Company (FESCO)
ヴィクトル エフトゥホフ — ロシア連邦国務長官兼産業貿易副大臣
Pavel Kadochnikov — Vice Rector for Research, Russian Foreign Trade Academy of the Ministry of Economic Development of the Russian Federation
Boris Kim — Chairman of the Board of Directors, Qiwi
Dmitry Maksimenko — Executive Director, Innosoft
Veronika Nikishina — Ủy viên Hội đồng thương mại (hàm Bộ trưởng), Ủy ban kinh tế Á-Âu
Nikolai Podguzov — General Director, Russian Post
Anatoly Popov — Deputy Chairman of the Executive Board, Head of Corporate Investment Business, Sberbank
Sha Tao — Chief Executive Officer, Epinduo

Front row participant:
Marc Carena — Director General, McDonald’s in Russia

05.09.2019
09:30–11:00

生活レベル向上に向けた新たな方策

未来の学校:世界の動きとは?新しい教育プラットフォーム


急速に変化する経済は、教育システムに新たな課題をもたらしている。卒業生は、労働市場の絶え間ない変化に対応し、生涯を通じて新しい知識とスキルを開発する準備がなければならない。これには第一に学習のパーソナライズ化が必要であり、学生が最も関心を示しかつ適した分野で成長できるようにする必要がある。第二に、不確実な状況へ対応する能力開発、柔軟なスキルをより徹底的に身に着けさせることが必要である。デジタル技術はこれらの目標を達成するために役立つことになる。このセッションでは、教育プロセスを更新する上で課題決定にデジタル化がどのように役立つか、またそのリスクについて議論を行う。


Moderator:
Herman Gref — Chief Executive Officer, Chairman of the Executive Board, Sberbank

Panellists:
Pavel Zenkovich — First Deputy Minister of Enlightenment of the Russian Federation
Elena Kazakova — Director, St. Petersburg University Institute of Pedagogy; Academic Advisor, Platforma Novoy Shkoly (New School Platform) NPO
Tatyana Kiseleva — Director, Tekhnichesky (Technical) Lyceum, Vladivostok
Elena Kharisova — Deputy Vice President for Academic Affairs, Far Eastern Federal University (FEFU)
Natalya Chebotar — Director of Strategy, Yandex.Education

05.09.2019
09:30–11:00

経済成長を加速させる新たな方策

極東ヘクタール開発: 新たな国家支援措置


「極東1ヘクタール」プログラムは、土地区画を提供する新ツールであり、国民がインターネットを介して地域の土地を快適に受け取ることを可能とした。2019年半ばの時点で、13万4000件を超える申請が行われ、5万3000件を超える無償利用契約が締結されている。しかし、国民が土地区画を積極的に開発するためには、家屋を建設し、インフラスを構築し、土地開発を開始するための技術機器を購入するための資金が欠かせない。「極東1ヘクタール」の開発に使用できる金融商品とは?どのような政府支援策が最も効果的なのか?受け取り手続きが済んだ土地の開発を促進する方法とは?


Moderator:
タチヤナ ナウモワ — テレビ局「ロシア24」司会者

Panellists:
Movses Barseghyan — Chief Executive Officer, Innovation Euro-Asian Trade House
Lev Volkov — Chief Executive Officer, Samberi Retail Chain
Mikhail Petrov — Acting Vice Governor of Primorsky Territory
グリゴリー スモリャク — ロシア極東発展省極東地域人材開発、地域社会経済発展局長
Sergei Khovrat — General Director, Agency for the Development of Human Capital in the Far Eastern Federal District

Front row participants:
Nikolay Nikolaev — Chairman of the Committee on Natural Resources, Property and Land Relations, State Duma of the Federal Assembly of the Russian Federation
Sergei Surovtsev — Recipient of a Far Eastern Hectare
Mikhail Utrobin — Recipient of a Far Eastern Hectare

05.09.2019
11:30–13:00

ビジネス環境の整備

経済成長の原動力としてのSMEs


中小企業(SME)の発展は、ロシア極東の経済成長を加速させる重要な要因である。今日、同セクターにおいてロシア極東の居住者の約20%が雇用されている。政府は事業活動を推進し、事業立ち上げを決定した企業家を支援するための措置を講じている。ロシア極東の小企業の資金調達の条件は、全国平均よりも有利なものとなっている。しかし、これらの尽力にもかかわらず、新企業の数は減少の一途を辿っている。また中小企業は、国内及び海外市場で製品やサービスを販売するのが困難であると感じている。中小企業が外国市場に参入する際に直面する問題は、中小企業にさらなる特別支援策が必要なことを示している。地域輸出基準の導入、輸出促進統一システムの形成は、中小企業の輸出を発展させる上で特に重要な役割を果たす。これらの措置は、2024年までに経済における中小企業のシェアをGDPの22%から32.5%に、輸出のシェアを10%に増やすという目標にどの程度貢献し得るのか?中小企業に携わる人々の数を増やし、官僚的な障壁を減らし、中小企業を支援するための統合システムを創設するために何ができるのか?ロシア極東のビジネスを真に競争力のあるものにするために、新しい企業創設のための融資手続きをどのように簡素化すべきか?


Moderator:
Alexander Kalinin — President, All-Russian Non-Governmental Organization of Small and Medium-Sized Businesses OPORA RUSSIA

Panellists:
Alexander Braverman — General Director, Chairman of the Board, Russian Small and Medium Business Corporation
Vadim Zhivulin — Deputy Minister of Economic Development of the Russian Federation
Andrey Slepnev — Chief Executive Officer, Russian Export Center
Xue Xulou — Chairman, Association of Heilongjiang Province Entrepreneurs
Konstantin Chekmyshev — Deputy Head, Federal Tax Service of the Russian Federation

Front row participants:
Vyacheslav Arutyunyan — Acting Chairman of the Management Board, Orient Express Bank
コンスタンチン ボグダネンコ — 「アヴィアポリス(航空都市)ヤンコフスキー」社長
ドミトリー ゴロワノフ — 株式会社「ロスエクシムバンク」 頭取
Alexey Gorodkov — Director, Ecoresursy Primorya
Andrey Griciuc — Partner, Head of Regional Development, KPMG in Russia and the CIS
デニス グロシ — 有限責任会社「工業団地「アヴァンギャルド」」創設者、社長
Marina Zhunich — Director for Government Relations, Google Russia
Kirill Kamenev — Managing Director of Investment Department, Far East and Baikal Region Development Fund
Maxim Lubomudrov — Deputy Chairman of the Board, Russian Agricultural Bank
Anatoly Popov — Deputy Chairman of the Executive Board, Head of Corporate Investment Business, Sberbank
Alexander Shumatov — General Director, Children’s Health Centre

05.09.2019
11:30–13:00

生活レベル向上に向けた新たな方策

未来の都市づくり:初めの一歩とは


ロシア極東の都市は、質的な変容と近代的環境の整備を必要としている。快適な生活環境は、極東地域に住む人々が地域に留まる可能性を高めるための重要な要因の一つだ。住民は、自己啓発、余暇活動、子供を育て、教育し、新しいビジネスを創出する機会を持つべきである。極東の都市に近代的な外観を与えるには、極東の建設業界全体を刷新する必要がある。極東の都市の外観をどのように変容すべきか?どのような解決策がまず取り上げられるべきなのか?未来の都市とは?建設業界が極東で適切に機能するためには、どのような国家支援措置が必要なのか? AIテクノロジーを利用して、未来の都市を建設できるのか?


Moderator:
Vasily Savin — Partner, Head of Power and Utilities, KPMG in Russia and the CIS

Panellists:
Lev Gorilovskiy — President, Polyplastic Group
Mikhail Grudinin — President, Giprogor Project City Planning Institute of Spatial Modelling and Development
Nikolay Nikolaev — Chairman of the Committee on Natural Resources, Property and Land Relations, State Duma of the Federal Assembly of the Russian Federation
Artem Sedov — General Director, The Big Three (Bolshaya Troyka)
Denis Tikhonov — Minister of the Moscow Government; Head of the Department of Economic Policy and Development of the City of Moscow
Roberto Cialone — Director, AECOM
Valery Shorzhin — Member of the Management Board, Vice President for Cloud and Digital Solutions, MTS

05.09.2019
11:30–13:00

ビジネス対話

ロシア – インド

Moderator:
シフ ヴィクラム ヘムカ — SUN グループ 副社長

Panellists:
セルゲイ ゴリコフ — General Director, Chairman of the Management Board, Rosgeologia
Dmitry Kobylkin — Minister of Natural Resources and Environment of the Russian Federation
Anil Kumar Jha — Chairman of the Board of Directors, Managing Director, Coal India Limited
Leonid Petukhov — Chief Executive Officer, Far East Investment and Export Agency
Sandeep Somany — President, Federation of Indian Chambers of Commerce and Industry
Sergey Tyrtsev — First Deputy Minister for the Development of the Russian Far East and Arctic
Darshan Hiranandani — Managing Director, Chief Executive Officer, H-Energy Private
Anna Tsivileva — Chairman of the Board of Directors, Kolmar Group

Front row participants:
Anton Zamkov — General Director, RT-Invest Transport Systems; Director, Digital Transport and Logistics Association
Rajesh Kothari — General Director, M. Suresh Vladivostok
Vsevolod Rozanov — Managing Partner, Sistema
Igor Rotenberg — Investor
Kirill Tsarev — Vice President, Director of Engineering Customers Department, Sberbank

05.09.2019
11:30–13:00

生活レベル向上に向けた新たな方策

新しい経済のための新たな人材: 教育の質の向上に向けて


極東でプロジェクトを実施する際、企業が直面する問題として必要な専門家の不足が挙げられる。また中等専門教育機関の卒業生のわずか50%を超える従業員が有給で雇用されている。ロシア極東の卒業生の半数は極東以外の地域に留学し、その多くは二度と戻ってこない。一般教育システムは、教育施設の老朽化と農村部の教師不足に悩まされている。ロシア極東の一般教育の質を短期間でどのように向上させることができるか?高等・中等教育の特殊教育システムはどのような課題に対処すべきか?極東の企業には、どのような人材と職業が必要か?どうすれば高校卒業者に極東の大学で勉強させ、また大学の地位を上げることができるのか?国家レベルでどのような支援策があれば、極東の卒業生は極東に残るようになるのか?極東の才能ある若者を支援し、海外への頭脳流出を防ぐためのシステムを立ち上げる方法とは?


Moderator:
Andrey Sharonov — President, Moscow School of Management SKOLKOVO

Panellists:
マリーナ デデュシコ — アムール州政府第一次官
Pavel Zenkovich — First Deputy Minister of Enlightenment of the Russian Federation
Artem Levin — General Director, Management Company Kolmar
Andrey Leifa — Acting Rector, Amur State University
Alexey Ponomarenko — Head of Engineering Competencies Development Office, Rosatom Academy
ウラジーミル ソロドフ — 極東連邦管区大統領副全権代表
ロベルト ウラゾフ — 職能集団及び人材発展庁「ワールドスキルズ・ロシア」同盟 理事長
Petr Shchedrovitskiy — Member of the Management Board, North-West Foundation Center for Strategic Research

05.09.2019
11:30–13:00

ビジネス環境の整備

国家管轄権および投資家保護制度の改善


ロシアの国内司法権の質を向上させると共に、商業・投資に関する紛争を解決する際の司法保護のレベルを高めることは、より良い投資環境を形成し、経済全体を発展させるための最重要事項である。法制度は時代提起する課題に対応するものでなければならない。グローバルコミュニティには、法的紛争とビジネスの法的規制を解決するためのメカニズムを改善し、投資家を引き付けるための特別な制度を作成する新しい可能性が登場した。優遇措置や利益を与えるメカニズムが効果的であり、ビジネスコミュニティがこのメカニズムにアクセスできるように、どのような活動を行う必要があるかを明確に理解する必要がある。どうすれば国内の管轄権の欠陥を克服できるのか?外国投資を呼び込み、知的財産を保護するための世界の経験をどの点で考慮する必要があるのか?国外に流出した資本や税務上の居住地を変更した起業家を取り戻すために、どのような法的インセンティブを取り入れることができるのか?


Moderator:
Stanislav Alexandrov — Managing Director – Chief of Staff, Member of the Board, Association of Lawyers of Russia

Panellists:
Igor Drozdov — Chairman of the Board, Skolkovo Foundation
Alexander Konovalov — Minister of Justice of the Russian Federation
Aleksey Serko — State Secretary, Deputy Minister of the Russian Federation for Civil Defence, Emergencies and Elimination of Consequences of Natural Disasters
Boris Titov — Presidential Commissioner of the Russian Federation for the Protection of Entrepreneurs’ Rights
Roman Trotsenko — Founder, Chairman of the Board of Directors, AEON Corporation
Yury Chayka — Prosecutor General of the Russian Federation
Wenhua Shan — Dean, MoE Chair Professor of Law, School of Law, School of International Education, Xi’an Jiaotong University (XJTU)

Front row participants:
エレーナ ベズジェネジュヌィフ — 公開会社「採掘冶金会社 ノリリスク・ニッケル」副社長、広報担当、対行政組織相互活動・経営部門担当
ドミトリ ヂャキン — 「エゴロフ、プギンスキ・イ・パロトネリ」社 弁護士 パトナー
Kirill Udovichenko — Partner, Monastyrsky, Zyuba, Stepanov & Partners
Alexey Chichkanov — Phó Chủ tịch – Giám đốc Trung tâm hợp tác nhà nước – tư nhân, Gazprombank (GPB)

05.09.2019
11:30–13:00

ビジネス環境の整備

デジタル国家: 世界的デジタル化の波と新ビジネスモデル


世界各地におけるデジタル経済の形成は、世界中の国家行政を変えつつある。デジタル化は、世界の公共サービスの提供と行政変革における重要なテーマだ。ロシアを含む多くの国では、デジタル技術の導入を通じて国家行政を改善する計画がある。他の国々が保有する経験は、政府が新しいデジタル技術を使用して大量のデータを収集・処理する方法を示している。これにより、社会、企業、政府間で高い需要がある新製品とサービスが作られた。ハイテクビジネスに加えて、デジタル経済を確立し、国が世界をリードする地位を確保する上で政府は重要な役割を果たす。人々の生活とビジネスの質を向上させるためにデジタル国家を構築するための国家戦略プロジェクトとは?国家行政におけるハイテク競争に関して、その発展の推進要因また開発の障壁は何となるのか?新しい技術の時代に、市民と経済界の間でどのような公共サービスが求められるのか?


Moderator:
Yermolai Solzhenitsyn — Senior Partner, McKinsey & Company

Panellists:
Maxim Akimov — Deputy Prime Minister of the Russian Federation
Alexander Vedyakhin — First Deputy Chairman of the Executive Board, Sberbank
Alexey Kornya — President, MTS
Aysen Nikolaev — Head of Sakha Republic (Yakutia)
Mikhail Oseevskiy — President, Chairman of the Management Board, Rostelecom
Maxim Parshin — Deputy Minister of Digital Development, Communications and Mass Media of the Russian Federation
Nikolai Podguzov — General Director, Russian Post
Maxim Topilin — Minister of Labour and Social Protection of the Russian Federation
Tharman Shanmugaratnam — Senior Minister, Coordinating Minister for Social Policies of the Republic of Singapore
Alexander Shokhin — President, Russian Union of Industrialists and Entrepreneurs (RSPP)

Front row participants:
Aleksandr Pronyushkin — Member of the Committee on Economic Policy, Federation Council of the Federal Assembly of the Russian Federation
Oleg Fomichev — Director for Strategic Planning and Development, ComplexProm
Savva Shipov — Deputy Minister of Economic Development of the Russian Federation

05.09.2019
11:30–13:00

ビジネス環境の整備

ロシア極東における観光・娯楽エリア複合的地域開発へ向けた「スマート」方策


2019年8月、2035年までのロシア連邦の観光開発戦略が承認された。同戦略は業界の法規制、管理システム組織化、観光開発のための国家支援策導入に関する活動を含む実施計画に基づいて行われる。観光業界発展に向けた国家支援策は、「2024年までのロシア連邦の観光発展プロジェクト」が支えることになる。これに関して、観光分野のサービス輸出増加の鍵となるのが、優先地域の特定とクラスター方策による同地域開発である。観光レクリエーションクラスター形成を行うをスマート管理モデルにより、土地利用と文化遺産を含む国家の重要物を利用するための最適なアプローチが生み出されることになる。クロンシュタットと共にルースキー島を開発するための新たな戦略は、観光開発を目的とする複合的領土開発プロジェクト実施の際にスマート管理モデルを使用する場合の試験プロジェクト例となる。極東連邦管区の観光地と領土の開発を目的とする新たな国家支援措置とは?何が外国人投資家を引き付けるのか?観光産業における国家と民間のパートナーシップに関して、企業側は同様のプロジェクトへ積極的に参加するために国家側からどのような措置を期待しているのか?


Moderator:
安德列 索科洛夫• — 总经理顾问,塔斯社

Panellists:
Alexis Delaroff — Chief Operating Officer, Accor New East Europe
Marika Korotaeva — Co-Organizer, Project Kronstadt. Fort Island
Evgeny Popov — Deputy Chairman of the Board, Gazprombank
Yury Saprykin — Vice President for Regional and International Development, Skolkovo Foundation
Oleg Teplov — Chief Executive Officer, VEB Innovation
Andrey Fedotov — Permanent Representative of the Republic of Sakha (Yakutia) to the President of the Russian Federation; First Deputy Chairman of the Government of the Republic of Sakha (Yakutia)
ヴぇラ シェルビナ — サハリン州政府の会長
イリーナ ヤロヴァヤ — ロシア連邦議会国家会議安全保障汚職防止委員会委員長

Front row participants:
Raymond Abu Fadel — Regional Director for Russia, AECOM
Movses Barseghyan — Chief Executive Officer, Innovation Euro-Asian Trade House
Andrey Baryshnikov — Director, Information and Analytical Centre for the Support of Reserve Management and Studies
Alexey Kalachev — Chief Executive Officer, Russia Convention Bureau
Aslan Kanukoev — Acting General Director, Corporation for Far East Development
Ekaterina Pronicheva — Chairperson, Moscow Tourism Committee
Olga Tkacheva — Deputy General Director for Strategic Development and Marketing, Flotiliya
Ksenia Shoygu — Member, Kronstadt Development Working Group

05.09.2019
11:30–13:00

経済成長を加速させる新たな方策

環太平洋地域の穀物庫: ロシア極東からの食糧輸出増大に向けて


極東連邦管区の農業部門の利点は、400万ヘクタール以上の耕地と140万ヘクタールの休閑地を含む大規模な土地銀行の存在、人口25億人以上の東アジアと東南アジアの販売市場に隣接している点である。農産物は生産及び輸出の観点から、極東連邦管区の商業製品の内で最も重要な項目の1つとなっている。2018年、極東連邦管区で生産された農産物の収穫量は2340億ルーブル相当と推定されており、これはロシア全体の5%の割合を占める。2024年までに輸出額を年間450億ドルに増やすという目標を達成し、極東連邦管区の食料依存を減らすためには、農地銀行の資源を最大限効率的に利用する必要がある。すべての潜在的な農地を市場に組み入れる方法とは?必要な輸出量を達成するために、業界の輸出を巡る障壁をどのように除去するべきか?農産物の輸送、保管、積み替えの問題に対する解決策とは?国家優先支援の対象となるプロジェクトとは?国内及び海外市場で需要がある製品とは?アジア太平洋地域の投資家と取引先のためにロシア極東にどのような環境を創設する必要があるのか?アジア太平洋市場でロシア極東の製品の効果的な販売経路を構築する方法とは?


Moderator:
Ilya Strokin — Director of the Agribusiness Center of Excellence, KPMG in Russia and the CIS

Panellists:
Irina Zhachkina — Member of the Board, First Deputy Chairman of the Board, Russian Agricultural Bank
Eduard Zernin — Deputy General Director, United Grain Company; Executive Director, Russian Union of Grain Exporters
Sergey Lebedev — Director for Government Relations, Alibaba Russia
Sergey Levin — Deputy Minister of Agriculture of the Russian Federation
ワジム モシコヴィチ — 有限責任会社「企業グループ ルスアグロ」社長
アレクサンドル サラプキン — 公開型株式会社 「アムールアグロセンター」社長
Yu Xubo — President, COFCO
Ali Uzdenov — Managing Partner, JSFC Sistema; Chairman of the Board of Directors, Steppe Agroholding;
ニコライ ハリトノフ — Chairman of the Committee for Regional Policy and Issues of the North and Far East, State Duma of the Federal Assembly of the Russian Federation

Front row participant:
Aidemir Usakhov — Member of the Executive Board, Vice President of Railway Division, Far Eastern Shipping Company (FESCO)

05.09.2019
11:30–13:00

ロシアの極東と環太平洋地域:協力関係発展に向けて

ロシア北極圏の将来の輪郭


ロシア北極圏は、ロシアのGDPの10%以上、国内輸出の20%以上を生み出す9つの地域からなる。その開発は、地理戦略的優先度によって決定されている。2019年、ロシア北極圏開発を管理するための特別なシステムが作成された。これにより2つの課題が設定された。領土の巨大な経済的可能性の実現の保証、北極圏に住む250万人の市民の生活の質を平均ロシアレベル以上に改善することである。北極圏の開発のための新戦略が準備されており、その2035年までの将来を決定することになる。ロシア北極圏の開発を加速するために、どのような法的決定が必要となるのか?北極圏プロジェクトの投資家向けの新しい優遇制度準備はどの段階にあるのか?北極圏の中小企業の持続的な成長には何が必要か?北極圏開発のための技術開発を加速する方法は?北極圏の社会開発のために、司法機関側はどのような点を変更する必要があるのか?


Moderator:
Denis Kravchenko — Deputy Chairman of the Committee on Economic Policy, Industry, Innovative Development and Entrepreneurship, State Duma of the Federal Assembly of the Russian Federation

Panellists:
Aleksander Akimov — Deputy Chair of the Committee on Federal Structure, Regional Policy, Local Government and Northern Affairs, Federation Council of the Federal Assembly of the Russian Federation
Dmitry Artyukhov — Governor of Yamalo-Nenets Autonomous Region
アレクサンドル クルチコフ — ロシア連邦極東発展省、投資プロジェクト実現化局長
Dmitry Pristanskov — State Secretary – Vice-President, Norilsk Nickel
アレクセイ ラフマノフ — 株式会社 「統一造船会社」社長
Vyacheslav Ruksha — Deputy Director General – Director for the Northern Sea Route Directorate, State Atomic Energy Corporation ROSATOM

Front row participants:
Sergey Zhigarev — Chairman of the Committee on Economic Policy, Industry, Innovative Development and Entrepreneurship, State Duma of the Federal Assembly of the Russian Federation
ミハイル スリペンチュク — ロシア連邦下院国家会議天然資源・自然利用・環境委員会代表代行
Olga Surikova — Head of Far East Practice, KPMG in Russia and the CIS

05.09.2019
13:45–15:15

経済成長を加速させる新たな方策

経済成長のための国家競争:ロシアの計画とは?


2024年までに5つの世界最大経済圏の1つになることは、社会経済開発分野における主要な国家目標であるだけでなく、国家の全地域における収入と生活水準向上更新を行う保証ともなる。この目標を達成するために、ロシア経済は世界平均よりも速いペースで成長する必要がある。原材料の輸出とは無関係に成長し、経済の非資源部門を発達させることにより、世界における最も先進的かつ近代的な経済に対応することが可能となる。この課題はロシア極東にとっても、2035年までのロシア極東開発国家プログラムで設定された6%の成長率を遂げるために特に重要となる。成長の可能性を実現するには?現在ロシアで適用できる積極的なインセンティブ政策を追求する世界・ロシアの経験とは?


Moderator:
Boris Titov — Presidential Commissioner of the Russian Federation for the Protection of Entrepreneurs’ Rights

Panellists:
Bambang Brodjonegoro — Minister of National Development Planning of the Republic of Indonesia
Hoang Ve Dung — Chairman of the Board of Directors, Duc Giang Corporation
Oleg Deripaska — Founder, RUSAL; Founder, Volnoye Delo Foundation
Andrey Klepach — Chief Economist, State Development Corporation VEB.RF
Alexander Konovalov — Minister of Justice of the Russian Federation
シフ ヴィクラム ヘムカ — SUN グループ 副社長
ワジム モシコヴィチ — 有限責任会社「企業グループ ルスアグロ」社長
Mikhail Shamolin — President, Chairman of the Board, Segezha Group

Front row participants:
Anastasiya Alekhnovich — Head, Institute for the Economy of Growth, Stolypin P.A.
Sergey Kolesnikov — President, TechnoNICOL Corporation
Vadim Khromov — Deputy Chairman of the Moscow Region Government

05.09.2019
13:45–15:15

ロシアの極東と環太平洋地域:協力関係発展に向けて

ロシア極東のグローバル・バリュー・チェーンへの組み込み。効果的な戦略


現在の世界経済構造の変化を考慮すると、世界貿易の国家の参与は、主にグローバル・バリュー・チェーン(GVC)への参加指標によって決定されることが分かる。世界経済で取引される中間財の割合は急速に増加している。産業全体は、サービス部門のシェアが増加しつつあるハイテク産業に移行しつつある。アジア太平洋地域がこのプロセスでますます重要な役割を果たしているため、グローバル生産チェーン内での付加価値の分布方法は変化している。グローバルな価値創造プロセスに積極的に関与しているアジア太平洋地域の国々にロシア極東が地理的に近いことを考慮すると、地域の企業がGVCに参加するための効果的な戦略と、その実現のために地域の主要な外国企業との協力関係を発展させるなどといった必要条件とメカニズム作成が重要な課題となっている。成功の鍵は、ロシアのアジア太平洋諸国が参加するGVCへの効果的な統合を促進する国内政策、GVCに参加することにより相互に有益な結果が得られる共同・協力プロジェクトの形式(統合形式を含む)作成措置を組み合わせることとなる。グローバル貿易の発展における現代のトレンドについて、貿易に対するグローバル化の影響はどのようなものなのだろうか?現代の国際貿易におけるロシア極東の役割と位置づけとは?グローバルまてゃリージョナル・バリュー・チェーンへのロシア極東の参加指標とは?これらのチェーン参加のマージンをどのように増やすことができるのか?グローバル貿易とGVCに効果的に参加するために、地域はどのような戦略を取るべきか?相互に有益な安定したGVCの形成に影響する要因とは? GVCによる「垂直成長率」をどのように達成できるのか?貿易政策はGVCの形成にどのように影響し、政策手段をどのように効果的に使用できるか? GVC参加の有効性を高める上で、自由貿易協定を含む貿易協定からどのような利益が期待できるのか?


Moderator:
Alexander Daniltsev — Director, Institute for Trade Policy, National Research University Higher School of Economics

Panellists:
Alexey Kozhevnikov — Senior Vice President, Russian Export Center
Dmitry Kudinov — General Director, Mazda Sollers Manufacturing Rus
Timur Maksimov — Deputy Minister of Economic Development of the Russian Federation
Veronika Nikishina — Ủy viên Hội đồng thương mại (hàm Bộ trưởng), Ủy ban kinh tế Á-Âu
Vladimir Salamatov — General Director, International Trade and Integration Research Centre
Mikhail Sutyaginskiy — Chairman of the Board of Directors, Titan Group of Companies
和 振偉 — 中国産業海外発展協会副秘書長

Front row participants:
Vadim Vetolskiy — Head of the Branch in Vladivostok, Fesco Integrated Transport
アレクセイ ラフマノフ — 株式会社 「統一造船会社」社長
Aleksey Rybnikov — Director of Analytics Center for CIS, EY
Anna Tsivileva — Chairman of the Board of Directors, Kolmar Group

05.09.2019
13:45–15:15

ビジネス対話

ロシア – 東南アジア諸国連合


2018年11月にシンガポールで開催された「第3回ロシア・東南アジア諸国連合サミット」の枠組みで諸国が声明に署名したことで、ロシアと東南アジア諸国連合間の戦略的パートナーシップ対話のレベルが向上する結果となった。アジア太平洋地域の物流ネットワークへの不十分な統合、ロシア主要都市と東南アジア諸国連合諸国間の直接的な航空リンクの欠如、およびビジネス条件の相互認識の低さは、経済協力の発展の障壁となっている。ロシア極東を含むロシア全体の優先開発分野におけるロシアと東南アジア諸国連合諸国の経済プロジェクト実施、インフラ建設、ハイテク技術及びイノベーション開発、環境保護条件の作成における協力により、貿易、経済及び投資の相互協力を強化することが可能となる。ロシアと東南アジア諸国連合間の貿易、経済、投資協力の新しい見方とは?「スマートシティ」ネットワーク作成プロジェクトの統合を含め、デジタル経済における協力の見通しは?東南アジア諸国連合諸国からロシアへの投資流入の手段とメカニズムにおいて、投資協力のプロセスを強化する方法とは?


Moderator:
Sergey Katyrin — President, Chamber of Commerce and Industry of the Russian Federation

Panellists:
Bambang Brodjonegoro — Minister of National Development Planning of the Republic of Indonesia
ニコライ ヴォロブエフ — 国営会社「ロステク」副社長
Aleksey Pakhomenko — Deputy General Director for Programs and Strategy, Russian Helicopters
Leophairatana Prachai — Chief Executive Officer, Chairman of Executive Committee, TPI Polene Public Company Limited
Winnie Teo — General Director, Progression Engineering (S) Pte Ltd
Nguyen Thanh Hung — Chairman of the Board of Directors, SOVICO Groups

Front row participant:
Maxim Kobin — Managing Director for Client Work, Russian Export Center

05.09.2019
13:45–15:15

生活レベル向上に向けた新たな方策

ロシア極東の健康的な生活への道


極東はロシア国家において優先される重要戦略地域であり、政府はその発展に特に注意を払っている。しかし、現在のこの地域は低い出生率と平均余命、ならびに高い死亡率と人口流出の問題に直面している。 2024年までに平均寿命を78歳に引き上げ、人口の着実かつ自然な増加を促進することを目的とする「ヘルスケア」及び「人口統計」国家プロジェクトを実施するに当たって、これらの問題に取り組む必要がある。予防医学、遠隔医療(遠隔医療ネットワーク拡大を含む)及び地域に合わせた公衆衛生プログラムへの迅速な利用可能性はすべて、極東の医療セクターの発展に不可欠である。数多くの野心的な目標が、「公衆衛生の強化」と題された連邦プロジェクトの一環として設定された。これらの目標を達成するには政府機関、予防医学、公衆衛生センター及び一般の人々からの意見が必要となる。このプロジェクトでは、極東でいくつかの試験地域が選ばれている。極東での健康的な生活の年数を増やすには、どのようなリソースが必要なのか?資金調達の責任を政府、企業、地元住民に分散させる最善策とは?極東の新しいテクノロジーはどのようにヘルスケアを変えるのか?国内及び連邦のプロジェクトで設定された方策は、このような困難な地域での平均寿命と人口の増加に十分対応し得るものなのか?


Moderator:
Georgy Kaptelin — Deputy Editor-in-Chief, TASS Russia

Panellists:
Dorit Nitzan — Acting Regional Emergency Director for the European Region, Health Emergencies Programme, World Health Organization
马克西姆 普罗塔索夫• — 负责人,俄罗斯的质量体系
Alexey Repik — President, Delovaya Rossiya (Business Russia); Chairman of the Board, Group R-Pharm
ヴェロニカ スクヴォルツォワ — ロシア連邦保健大臣
Maxim Topilin — Minister of Labour and Social Protection of the Russian Federation

Front row participants:
オレグ アポリヒン — 医学博士、教授、N.A.ロパトキン名称泌尿器科・画像下治療(IVR)科学研究所 所長
エレナ ジトコワ — 公開型株式会社 「ロシア鉄道 中央保健部長
Viktor Subbotin — Junior Partner, Bain & Company
Valentin Shumatov — Rector, Pacific State Medical University

05.09.2019
13:45–15:15

ビジネス環境の整備

未来への扉を開く:デジタル変換の「sine qua non」としての法的実験


レギュラトリー・サンドボックス(規制の砂場)は、既存の規制的な障壁のために実施が困難または不可能な事業案の「実証実験」を可能とする、一種の実験的な規制緩和策である。現在、世界の多くの先進国では、レギュラトリー・サンドボックスのメカニズムにより、従来の手段では達成できない最短時間でデジタル経済に最適な規制環境を構築する機会が提供されている。これは新しい技術とソリューションの開発速度、市場製品・サービスの動向の分析無しで革新的な新事業を規制するアプローチの不確実性を背景として承認されている。今日、レギュラトリー・サンドボックスは、経済の単一セクター(例えば、フィンテック・サンドボックス)、デジタル経済の多くのセクター、いわゆるユニバーサル・レギュラトリー・サンドボックスのすべてを対象とすることができる。今日のレギュラトリー・サンドボックスの機能メカニズムとは?このような法的実験の展望とは?


Moderator:
Savva Shipov — Deputy Minister of Economic Development of the Russian Federation

Panellists:
Alexander Vedyakhin — First Deputy Chairman of the Executive Board, Sberbank
Igor Drozdov — Chairman of the Board, Skolkovo Foundation
ルスラン サルキソフ — 株式会社「極東バイカル地域発展基金」副理事長
Chris Skinner — Chairman, The Financial Services Club
ウラジーミル ソロドフ — 極東連邦管区大統領副全権代表
Maria Shklyaruk — Chief Executive Officer, Center for Advanced Governance (CAG); Scientific Director, Digital Transformation Leadership Training Centre, Russian Presidential Academy of National Economy and Public Administration (RANEPA)

05.09.2019
13:45–15:15

ロシアの極東と環太平洋地域:協力関係発展に向けて

科学技術における国際協。環太平洋地域向けの革新案


現代のグローバル化社会では、最先端の知識と技術がその他のすべての運命を決定する傾向がある。これまでの実践例により、科学技術の可能性は経済発展のレベルに正比例することが示されている。グローバルなイノベーションリーダーになることを目指している国家にとって、知的リソースを活用し、関連する技術と情報ベースを開発することは主要な国家目標である。科学は世界各地で社会開発の要因となっている。この事実を認めた上で各国は技術的リーダー国となるため、他国の科学者や専門家を惹きつけ、外国の科学教育機関と積極的に関係を築き上げてきた。現代存在する課題解決に焦点を当てた大規模な研究チームは、国際レベルでしか達成できない。基礎研究にはさまざまな国やコミュニティからの資源・財源の蓄積が必要である。従って国家、地域、組織、集団、研究者の全レベルでの国際的な科学協力は、人類全体の発展に条件づけられることになる。国や地域の発展に影響を与える科学機関、歴史、自然、気候、国家の経済発展の専門化は、有益な相互活動と効率的な協力関係の相乗効果を達成するための基礎を築いた。国際的な科学技術協力のこうした特徴により、経済的・社会文化的効果を最大化することが可能となったが、これは協力関係無しでは達成できないのである。


Moderator:
マクシム サフォノフ — 副社長、ロシアの科学学校;教授、国立経済と国民政府(RANEPA)大学

Panellists:
Pavel Zaytsev — Chief Executive Officer, Science and Innovations
Ray Zimmerman — Founder, SW1 Advisory Partners Limited
Andrey Kaprin — Director, Federal State Budgetary Institution National Medical Research Radiological Centre of the Ministry of Health of the Russian Federation
Sergey Kobzev — Deputy Chief Executive Officer - Chief Engineer, Russian Railways
Konstantin Markelov — Rector, Astrakhan State University
Ruslan Novikov — General Director, Argumenty I Facty
Aleksey Ozerov — Director, Institute of Volcano Studies and Seismology, Far Eastern Branch of the Russian Academy of Sciences
Alexander Sergeev — President, Russian Academy of Sciences

05.09.2019
13:45–15:15

ビジネス環境の整備

トラストゾーン:ユーラシアの安全なサイバースペースに向けて


仮想空間は、今や地上や空と同じく、実際に存在する空間の一つとなった。わずか数年で、ユーラシアの重要なインフラの多くがデジタルテクノロジーに移行することになる。しかし、破壊工作の結果として電力網が切断され、通信、輸送、都市サービスが停止した場合、デジタル建設は危険な事業となってしまう。地域が晒される外部との貿易・技術競争の文脈において、「デジタル主権」と技術的独立性を確保する必要がある。これは国家が安全性を確保し、国家のデジタル空間と重要なインフラを制御する能力となる。デジタル空間で一般的な「ゲームのルール」を開発し、地域で「デジタルトラストゾーン」を作成するための問題が提議されている。ユーラシアでデジタルワールド空間と協力関係を構築する上でどのような課題があるのか?「トラストゾーン」を作成するために、政府と企業はどのような措置をとる必要があるのか?この目的のためにどのようなパートナーシップの構築が可能となるのか?ロシアは何を提供できるのか?


Moderator:
Alexey Bobrovsky — Head of the Economic Programme, Russia 24 TV Channel

Panellists:
Andrey Bezrukov — President, Technological Sovereignty Exports Association
Iliya Dimitrov — Digital economy ombudsman
Stanislav Kuznetsov — Deputy Chairman of the Executive Board, Sberbank

05.09.2019
13:45–15:15

ロシアの極東と環太平洋地域:協力関係発展に向けて

ロシア極東輸送回廊のデジタルの未来:国際的な経験とロシアの現実


ロシア極東は現在、アジア太平洋とヨーロッパの間の国際サプライチェーンへ統合されつつある。過去数年間で輸出入は年間10%の割合で増加している。この発展に伴い、2019年に日本と韓国からヨーロッパへのテスト貨物の出荷が開始された。目的は、市場の可能性と荷主業者の関心の高さを示す事であった。輸送ルートの確立と、その後の制度的・物理的インフラスの開発には、信頼性の高い高品質のサービスを保証する技術的基盤作成を伴う必要がある。極東を運行する輸送回廊はデジタル化のプロセスを経ており、事務処理は完全にオンラインに移行している。その結果、近い将来、アジア太平洋からヨーロッパへの輸送時間が大幅に短縮される一方、ロシアに入る貨物の量が増加することになる。グローバル企業はすでに輸送市場プレーヤー間の全手続きを電子化する計画を提出している。国家はロシア企業がこのプロセスに統合されることを優先事項としている。ロシア極東を通る輸送ルートが今後利点を維持し、技術開発に追いつくために何をする必要があるのか?デジタル変革は、輸送市場をどのように変えるのか?輸送における国際的なデジタル化の実践はロシアでどのように適用できるのか?ロシアの輸送市場プレーヤーは、これらの変化に対応しきれているのか?ロシアが独自のプラットフォームを作成することは有益となるのか、それとも国際パートナーがすでに売り出している製品を使用する方が得策なのか?政府はどのような措置を取るべきか?


Moderator:
Pavel Chistyakov — Vice President, Infrastructure Economics Centre

Panellists:
Mikhail Bazhenov — Partner, Capital Projects & Infrastructure, Debt Advisory Leader, PwC Russia
オレグ ベロゼロフ — ロシア鉄道公開株式会社最高経営責任者
Vladimir Bulavin — Head, Federal Customs Service of the Russian Federation
Anton Zamkov — General Director, RT-Invest Transport Systems; Director, Digital Transport and Logistics Association
セルゲイ イワノフ — 自然保護活動・環境・輸送問題ロシア連邦大統領特別代表
アレクサンドル イスリンス — 公開会社「極東海洋船舶会社」(FESCO)社長
ヴャチェスラフ サラエフ — 株式会社「ユーラシア・ナホトカ海貿易港」社長
Isao Takahashi — President, Toyo Trans Inc.
Sergey Shishkarev — President, Delo Group of Companies

Front row participants:
Sergey Zhigarev — Chairman of the Committee on Economic Policy, Industry, Innovative Development and Entrepreneurship, State Duma of the Federal Assembly of the Russian Federation
Andrey Kutepov — Chairman of the Committee on Economic Policy, Federation Council of the Federal Assembly of the Russian Federation
Igor Rotenberg — Investor
Dariusz Stefanski — Chief Executive Officer, PCC Intermodal SA

05.09.2019
13:45–15:15

ビジネス環境の整備

極東地域の投資魅力を高める要因としての建設産業の変容


現在、地域開発の主要な推進力の1つである建設業界は、経済面で効果的かつ競争力のある経済セクターへの転換という課題に直面している。建設業界を近代化するために現在開始されている作業は、連邦センターからのものであり、極東連邦管区の地域固有性を考慮に入れたものである。主要な建設プロジェクトの集合的な情報管理と「シームレス」なプロジェクト計画過程、建設、運用プロセスを促進する現代の情報技術とプラットフォームソリューションの開発傾向により、地域固有のニーズが考慮され、共通の建設産業のデジタル空間に統合することが可能となる。ロシア極東地域の複合施設の開発は、固定資産への多額の投資を生み出し、関連産業の発展を支援し、ロシア極東の経済的潜在力の成長と住民の生活水準向上に向けた原動力として役立つことになる。極東連邦管区の建設業界は投資家にとって魅力的なものなのか?建設業における価格設定システム改善に関して、政府が参加するプロジェクトの効率性を向上させるために、極東連邦管区の政府価格と建設会社のコストのバランスをどのようにとるべきか?政府の建設プロジェクト改革においては、ロシア極東での競争を業界に害を及ぼさずにどのように活発化させることができるのか?情報モデリング技術におけるプロジェクト作成期間と建設コストを削減するためのツールとは?ロシア極東の国家プロジェクト「住宅及び都市環境」の課題を行うためのツールとして、経済面で効果的なプロジェクト文書システムを形成すべきか?建設業の資格システム発展に関し、建設業界の変化する状況を考慮して、経験を積んだエンジニア、建築家、財務マネージャーを極東の建設会社に呼び寄せる方法とは?


Moderator:
Bela Liauv — Special Correspondent, Vedomosti

Panellists:
Yuhang Wang — Vice President, China CAMC Engineering Co., Ltd.
Anton Glushkov — President, National Association of Builders (NOSTROY)
朗 岩田 — 野村総合研究所モスクワ支店長
Igor Manylov — Chief Executive Officer, Main Department of State Expertise (Glavgosexpertiza of Russia)
Mikhail Petrov — Acting Vice Governor of Primorsky Territory
Gennadiy Sakharov — Director of Capital Investments, State Construction Supervision and State Expertise, ROSATOM State Atomic Energy Corporation
Hong Ha Pham — Minister of Construction of the Socialist Republic of Vietnam
Vladimir Yakushev — Minister of Construction, Housing and Utilities of the Russian Federation

Front row participants:
Yevgeny Virtser — General Director, INSYSTEMS
Sergey Kolesnikov — President, TechnoNICOL Corporation


Fatal error: require_once(): Failed opening required '/home/forumvostok/forumvostok.ru/local/modals/participants_jp.php' (include_path='.:/usr/share/php') in /home/forumvostok/forumvostok.ru/local/templates/avilum_tmp/footer.php on line 87