02.09.2021
10:00–11:30

conference hall 8

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

ロシア極東の都市経済における中小企業


今日、ロシア極東における中小企業発展には起業家だけでなく、国家も関心を示している。支援措置案が開発中であり、差し迫ったビジネス上の課題が議論され、解決策が考案中である。中小企業は都市経済の生命線だ。中小企業は都市に付加価値を生み出し、税収をもたらし、雇用を創出する。中小企業の発展は地域が目指す多くの社会経済開発目標を達成するための大きな一歩となる。その一方で、極東連邦管区・北極圏開発政策は主要プロジェクトに対する支援・開発を中心としており、中小企業に損害を与える場合もある。ロシア極東の状況を分析することで、中小企業が日々直面している最も差し迫った問題について理解が得られる。そうした問題に取り組むことで、地域経済の発展が促され、企業活動の活性化にもつながる。ロシア極東で中小企業を経営する際に立ちはだかる主な問題とは?企業家はそのような問題の解決プロセスをどう評価しているのか?ロシア極東における中小企業経営及び北部地域・北極圏における中小企業発展の特殊性を考慮した上で考えられる具体的な課題解決策とは?都市における中小企業の発展を刺激する最適な方法とは?最も有望な市場はどこにあるのか?アジア太平洋地域市場への進出により、需要不足の問題を解決できるのか?


Moderator:
Alexander Kalinin — President, All-Russian Non-Governmental Organization of Small and Medium-Sized Businesses OPORA RUSSIA

Panellists:
Pavel Volkov — State Secretary, Deputy Minister for the Development of the Russian Far East and the Arctic
Aleksandr Isayevich — Member of the Board of Directors, General Director - Chairman of the Management Board, Russian Small and Medium Business Corporation
Sergey Lelyukhin — Director General, Far East Auction Fish House
Maxim Parshin — Deputy Minister of Digital Development, Communications and Mass Media of the Russian Federation
Xue Xulou — Chairman, Heilongjiang Association of Foreign Investment Enterprises (online)
Konstantin Shestakov — Head of the City of Vladivostok

Front row participants:
Konstantin Basmanov — Head of Small and Medium Enterprises Unit, Promsvyazbank
Oleg Kostenko — Acting Minister of Investment, Industry and Enterprise of Kamchatskiy Krai
セルゲイ マズニン — General Director, NTK Close Corporation
Marina Romanova — Chief Managing Director for SMEs and Procurements, VEB.RF
アレクサンドル チモフェーエフ — General Director, Far Eastern Peat Company

02.09.2021
10:00–11:30

conference hall 9

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

ロシア極東の農業複合施設: 成長の原動力か、逸失された好機か?


ロシア極東連邦管区の農業部門の利点には、主要な土地銀行が利用可能である点、東アジアおよび東南アジアの販売市場への近接性などの点が含まれる。農産物は、生産・輸出の点でもロシア極東連邦管区にとっては最も重要な位置を占める生産物の一つだ。2020年にはロシア国内で生産されたすべての農産物の内、ロシア極東の農産物が3.4%を占めた。2024年までに輸出量を450億米ドルに増やすという目標を達成し、ロシア極東連邦管区全体での食料輸入への依存を減らすためには、農地銀行を可能な限り効率的に利用しなければならない。すべての潜在的な農地を流通させる方法とは?輸出障壁を取り除き、業界が必要な輸出額を達成するための解決策とは?農産物の輸送・保管・積み替えの問題に対する解決策とは?国内外の市場からの需要が見込まれる農産物とは?アジア太平洋地域から投資家や貿易パートナーを引きつけるために、ロシア極東にどのような環境を創出する必要があるのか?アジア太平洋市場にロシア極東の農産物の効果的な販売チャネルをつくり上げる方法とは?


Moderator:
ワジム モシコヴィチ — Chairman of the Board of Directors, Rusagro

Panellists:
Choi Won Bo — Head of the Far East Representative Office, Lotte International (online)
Dmitriy Zhilyakov — Head of the Center for Strategic Analysis of Large Business, Russian Agricultural Bank
Nikita Zakharov — Director, Joint-Stock Company «National Mercantile Exchange»
Sergey Levin — Deputy Minister of Agriculture of the Russian Federation
Dmitry Savenkov — General Director, Legendagro Primomorye LLC
アレクサンドル サラプキン — General Director, Amuragrocenter
Ilya Strokin — Director of the Agribusiness Center of Excellence, KPMG in CIS
Oleg Turkov — Minister of Agriculture of the Amur Oblast
Denis Tsesarenko — Founder, Teros LLC; Founder, Sporos LLC

Front row participants:
Galsan Dareev — Deputy Chairman of the Government of the Republic of Buryatia - Minister of Agriculture and Food of the Republic of Buryatia
Maxim Kobin — Vice President, Russian Export Center
Mikhail Maltsev — Executive Director, Fat-and-Oil Union of Russia
Valery Nagel — Beneficiary, Plemennoi Zavod Komsomolets
Vladimir Sitnov — Senior Vice President, Sberbank
ニコライ ハリトノフ — Chairman of the Committee for Regional Policy and Issues of the North and Far East, State Duma of the Federal Assembly of the Russian Federation

02.09.2021
10:00–11:30

conference hall 11

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

ロシア国民のための石油・ガス収益向上


天然ガスは、ロシア連邦及びロシア極東において今後数十年先まで戦略的に重要な地位を占める開発資源であり続けることは明らかだ。天然ガスはエネルギー資源として非常に高い競争力を誇る。天然ガスは最もクリーンな化石燃料であり、その豊富な埋蔵量に加えて、抽出・輸送・貯蔵技術もすでに確立されている。ガス部門が非常に収益性が高い点、急速に発展しているアジア太平洋諸国市場にロシア極東が近接している点、また同地域に眠る資源埋蔵量を考慮すれば、輸出志向型プロジェクト開発が加速化する可能性は疑いの余地がない。地域総生産(GRP)及び税収を最大化するには、国内天然ガス生産プロジェクト実施・天然ガスの高付加価値化の両方を進めていかなければならない。その際に、国内地域のニーズにも関心を払わなければならない。ロシア極東のエネルギーの天然ガスエネルギー利用レベルは全国平均のほぼ3分の1であり、極東連邦管区の火力発電所の3分の2は依然として石炭発電を行っている。産業・住宅施設にガス利用を促すことは経済発展を促進させ、新規雇用創出、住民の収入の増加、石炭・燃料油燃焼により引き起こされる大気汚染の軽減につながる。ロシア極東で使用されるエネルギーの天然ガス化においては、特定の地域の燃料・エネルギーバランスを考慮に入れる必要がある。一部の地域では、鉄道インフラに近接しているため効率的なLNGパイプライン設置が可能であるが、その他の地域では独立したLNG基地が最適な選択となる。場合によっては、LNG基地設置を経済面で支えるために、エネルギー消費者として大規模な企業の存在が必要となる。輸出志向型プロジェクト実施に優先順位を付ける方法とは?天然ガスパイプラインシステムの維持や開発にかかる設備投資を削減する方法とは?極東連邦管区で天然ガス開発に関する国家支援措置は十分に効果を発揮しているのか?小型LNGプロジェクト開発を加速するために必要な措置とは?極東連邦管区における天然ガスエネルギー利用推進プロジェクトを実施する際に脱炭素化問題を考慮に入れる必要はあるのか?


Moderator:
グリゴリー ベリョズキン — Chairman of the Board of Directors, ESN Group

Welcome Remarks:
John Gordon — Managing Director, Johnson Matthey
Satoru Ichinokawa — Chief Operating Officer, Chemicals Div., Marubeni Corporation
Pierroberto Folgiero — Chief Executive Officer, Managing Director, Maire Tecnimont

Panellists:
グリゴリ ウィゴン — Managing Director, VYGON Consulting
Eduard Gudkov — Deputy Chairman of the Management Board, NOVATEK
Gadzhimagomed Huseynov — First Deputy Minister of the Russian Federation for the Development of the Far East and the Arctic
Andrey Zelenskiy — Chief Managing Director, VEB.RF
ドミトリー コノフ — Chairman of the Management Board, SIBUR Holding
ヴィターリ マルケロブ — 副取締役会長、取締役、Gazprombank(株式会社)
Pyotr Pak — Deputy Chairman of the Government of the Amur Region
ニコライ サビトフ — General Director, Himproekt
Pavel Sorokin — Deputy Minister of Energy of the Russian Federation

Front row participant:
Stanislav Neverov — General Director, East Arctic Oil and Gas Corporation

02.09.2021
12:30–14:00

conference hall 6

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

投資競争:勝利は誰の手に


In attracting investments, the Far East has to compete with other regions of Russia in addition to the countries of the Asia-Pacific region. If at the start of the development plans for the Far East, investors could obtain unique advantages in the form of an advanced regulatory and legal framework based on the best practices in the Asia-Pacific region, the benefits of Advanced Development Territories zones (TOP), e-visas and other novelties, today these tools have already become best business practices throughout the country. During the pandemic, many countries have taken new steps in favor of the openness, acceleration, simplification, and digitalization of public services and investment processes, with a number of these measures included in anti-crisis packages. The Russian government has introduced mechanisms for agreements on the protection and promotion of capital investments (SZPK), a strict regulatory measure aimed at improving the investment climate in Russia. The question arises: what should the Far East have or acquire in this new reality in order to remain competitive and get ahead? Is the Far East competitive today in the race for investments? What do investors expect in this changed world? What bold, new ideas in shaping the investment climate can the Far East provide as a new leap forward?


Moderator:
ウラジーミル ソロドフ — Governor of Kamchatka Territory

Panellists:
アナトリー ボブラコフ — Deputy Minister of the Russian Federation for the Development of the Far East and the Arctic
Sergey Kolesnikov — Co-owner, Managing Partner, TECHNONICOL Group of companies
Alexander Kondrashin — Director General, Agency for Investment Development of Sakha Republic (Yakutia)
Mikhail Orlov — Partner, Head of Tax and Legal, KPMG in the CIS
Leonid Petukhov — Managing Partner, Sistema PJSFC
Valeriya Repkova — General Director, Project Initiatives Development Agency
Roman Trotsenko — Founder, Chairman of the Board of Directors, AEON Corporation
Roman Chichkanov — Deputy General Director for Investments, Far East and Arctic Development Corporation

Front row participant:
アレクサンドル オシポフ — Governor of Trans-Baikal Territory

02.09.2021
12:30–14:00

conference hall 9

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

投資クオータ:変化した水産業


漁業投資割当メカニズムは、5年前に最初に導入された。それ以来、ロシアの漁業会社による投資はほぼ5倍にまで増加している。現在までにロシア極東と北極圏に24軒の新しい水産加工工場が建設・建設中であり、85隻の新しい漁船とカニ漁船が導入された。その一方でCOVID-19のパンデミックはロシアの漁業関係者に新たな課題をもたらし、長年の課題であるインフラ整備の問題をくっきりと浮き彫りにした。投資割当は、漁業の成長を促進するために効果的であることが証明されているのか?投資割当に関して漁業会社が直面した最大の課題や加えるべき変更点とは?投資割当を拡大する際に焦点を当てるべき主な地域とは?政府と産業界が海上・陸上どちらで海洋生物資源を集中的に加工・処理するべきなのか?漁業セクターの物流開発を行う上で、今後数年間で優先すべき課題とは?


Moderator:
アレクサンドル クルチコフ — Chairman of the Supervisory Board, Investment Partnership "Ryba.RF" Corporation

Panellists:
Aleksandr Verkhovsky — Founder, Hydrostroy
Ivan Mikhnov — President, Antey Group of Companies
Yuliya Morozova — Acting Deputy Chairman of the Government of Kamchatskiy Krai; Minister of Economic Development and Trade of Kamchatskiy Krai
Sergey Nesvetov — Executive Director, North West Fishing Consortium
アレクセイ ラフマノフ — 株式会社 「統一造船会社」社長 (online)
Vladimir Sitnov — Senior Vice President, Sberbank
Sergey Tarusov — Chairman, Lenin Collective Farm Fishery
グレーブ フランク — Chairman of the Board of Directors, Russian Fishery Company
イリヤ シェスタコフ — Head, Federal Agency for Fisheries (Rosrybolovstvo)

Front row participants:
アナトリー ボブラコフ — Deputy Minister of the Russian Federation for the Development of the Far East and the Arctic
Alexey Buglak — President, Russian Pollock Cachers Association
Aleksei Osintsev — President, Association of Fishing Fleet Shipowners

02.09.2021
12:30–14:00

conference hall 10

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

志を高く:ロシア極東新プロジェクト発表


ロシア極東の領土は広域にわたり、厳しい気候に加えて、多くの地域はロシアの主要な人口密集地から遠く離れた位置にある。しかし、ロシア極東はまた豊富な天然資源を誇り、急成長しているアジア太平洋地域の市場に近接する地でもある。つまり、ロシア極東地域はまだ十分に発揮されていない大きな可能性を秘めているのである。過去1年半で、乗客数と貨物量が著しく減少し、世界的なサプライチェーンの混乱が生じた。その結果、世界経済・地政学的環境に大きな変化が起こった。しかし、混乱期には常に大きな変化とチャンスが同時にもたらされるものである。ロシア極東に関しては、この混乱期が新しい現実における将来的な成功への出発点として役立つ可能性がある。国家の指導部は、ロシア極東の開発が21世紀にわたる国家の優先事項であると述べている。そのため、北極圏と共に同地域には細心の注意が払われている。高度な経済発展と快適な生活環境の創出に重点が置かれ、集中的な地域成長の可能性が高まり続けている。ロシア極東は日本、中国、韓国、および急成長しているアジア太平洋地域のその他の国々の主要な販売市場に近接している。さらに北極海ルートの開発作業も順調に進んでいる。これらの要因は、地域の輸出ポテンシャルを高めることを目的としたイニシアチブの成功のサポート・拡大に貢献している。同時に、プロジェクト開発研究の質とプロジェクト実施の適時性が、今後数十年の成功を左右する決定要因であることを忘れてはならない。これに関連して、ロシア極東地域の画期的な2件のメガプロジェクトには特別な注意を払うべきである。それは、カムチャッカのペンジン湾での潮力発電所の建設(プラントでのグリーン水素の開発も同時進行である)、サハリンでの水素生産の産業クラスターの創出である。ロシア極東地域の水素生産アジェンダは夢物語に過ぎないのか、ロシア極東地域の地位、開発達成レベルを引き上げるためのチャンスなのか?これらのメガプロジェクトは国にどのような経済的利益をもたらすのか?ロシア連邦はメガプロジェクトを実施し、2030年までに地域開発の可能性を存分に発揮する準備ができているのか?新しい形のエネルギーの主な消費者とは?同プロジェクトはアジア太平洋地域の地政学的環境にどのような影響を与えるのか?


Moderator:
Vasily Savin — Partner, Head of Power and Utilities, KPMG in the CIS

Panellists:
Roman Berdnikov — First Deputy General Director, Member of the Management Board, RusHydro
パヴェル グラチョフ
Gadzhimagomed Huseynov — First Deputy Minister of the Russian Federation for the Development of the Far East and the Arctic
Artem Dovlatov — Deputy Chairman, Member of the Management Board, VEB.RF; General Director, VEB.DV
Valery Limarenko — Governor of Sakhalin Region
Anton Moskvin — Vice President for Marketing and Business Development, Rusatom Overseas

Front row participant:
Konstantin Korotov — General Director, Kamchatka Development Corporation

02.09.2021
12:30–14:00

conference hall 11

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

若きスマートシティ: ロシア極東の街の未来


既存の都市と新たな都市の両方のモデルに基づいて大都市圏を構築する方法は世界的に流行しており、都市の社会経済発展を実現する効果的な新ツールともなっている。他の都市に比べて人口が少ない一方、ロシア極東には都市・地域拡大を行うための条件が備わっている。現在複数の地域の統合的な開発を推進するプロジェクトがロシア極東地域で考案されている。この統合化プロセスにより、ロシア極東の自然、インフラ、人的資本、財源が効果的に利用され、サービス市場の拡大・新たなニッチの創出を通じてさらなるビジネス開発の動機付けがもたらされることが期待できる。ウラジオストク開発戦略を実施する方法とは?都市計画にマスタープランが必要な理由とは?スマートシティの創設方法とは?高品質の建設物はロシア極東の生活水準を向上させるのか?


Moderator:
Dmitry Pristanskov — State Secretary – Vice-President, Norilsk Nickel

Panellists:
コンスタンチン ボグダネンコ — Co-owner, The DNS Corporate Group
Igor Egorov — Member of the Management Board, Vice President for Infrastructure Development, MTS PJSC
Tatiana Mokhova — General Director, Unity LLC
Sunguk Moon — Head of Global Business, KT Corporation
Alexey Muratov — Partner, KB Strelka
Vitaly Mutko — Chief Executive Officer, DOM.RF
Alexander Tarabrin — Head of Real Estate Project Management and Asset Management Unit – Member of the Board, VEB.RF
Natalya Trunova — Auditor, Accounts Chamber of the Russian Federation
Alexey Chekunkov — Minister of the Russian Federation for the Development of the Far East and the Arctic (online)
Konstantin Shestakov — Head of the City of Vladivostok

Front row participants:
Maxim Dankin — Deputy Director for Regional Development, Information and Analytical Center of the State Commission for Arctic Development
Nikita Stasishin — Deputy Minister of Construction, Housing and Utilities of the Russian Federation

02.09.2021
12:30–14:00

conference hall 17

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

無人物流回廊:ロシアがアジア・ヨーロッパ間にデジタルブリッジを構築


ロシアは、2030年までにアジア・ヨーロッパ間の貨物輸送を10倍に増やすという輸送・物流開発に関する戦略目標を設定した。この目標を実現するために、ロシア運輸省はデジタルインフラにより全世界の自動車製造会社の無人トラックの安全な走行を保証する輸送回廊建設プロジェクトを実施している。輸送回廊の出発点は、2024年までに無人トラックが走行予定であり、プロジェクトは実証後、世界初の無人トラック用高速道路となるモスクワ中央環状道路、M-11「ネバ」、モスクワからエカテリンブルクまで建設中のM-12道路、約20,000キロメートルのロシア連邦高速道路にまで拡張される。このようにロシアは段階的にアジア・ヨーロッパ間をつなぐデジタルブリッジを構築していく計画である。ヨーロッパ・アジアプロジェクトに最初に参加企業とは?無人輸送トラックがアジア・ヨーロッパ間を行き来する日はいつ訪れるのか?世界初の無人トラックが走行する輸送回廊を建設するために、ロシアですでに講じられている措置とは?


Moderator:
Olga Arkhangelskaya — Partner, Head of Real Estate, Hospitality, and Construction Services, Head of the Transportation, Infrastructure and Government, and Public Group in the CIS, EY

Panellists:
Kirill Bogdanov — Deputy Minister of Transport of the Russian Federation
マクシム ソコロフ — Chief Executive Officer, GTLK
Anton Zamkov — General Director, RT-Invest Transport Systems; Director, Digital Transport and Logistics Association
Igor Kashirin — General Director, GLOSAV
Sergei Yavorski — General Director, Volvo Vostok

Front row participants:
Oleg Pankratov — Chief Executive Officer, VTB Infrastructure Holding
Sergey Sergushev — Deputy General Director for Logistics, Russian Post
Anatoliy Smorgonskiy — General Director, Gett in Russia

02.09.2021
15:00–16:30

conference hall 4

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

国家プログラム:ロシア極東ビジネスプラン


2020年9月、2024年から2035年までのロシア極東社会経済開発国家プログラムが承認された。これによりあらゆるレベルの政府組織、企業、社会が地域開発の主要な優先事項に力を注ぐことになった。プログラムの主な目標は、地域経済の発展を加速化、人口動態を改善し、人々の生活の質を改善することにある。国家プログラム実施による初期結果とは?国家プログラムは、ロシア極東の加速的な開発という国家目標の達成、そして最も重要な課題である人々の生活の質の改善にどう影響するのか?ロシア極東の経済発展に関連するどのような採用済みのプロジェクトや決定が、急速な経済成長目標の達成に影響するのか?国家プログラムの実施を成功させるためには、どのような決定を下す必要があるのか?


Moderator:
Mikhail Kuznetsov — Director, Eastern State Planning Center (FANU Vostokgosplan)

Panellists:
Sergey Kirov — Member of the Board, First Deputy Director General, RusHydro
Elena Martynova — Deputy Head,The Federal Service for State Registration, Cadastre and Cartography (Rosreestr)
Nikita Stasishin — Deputy Minister of Construction, Housing and Utilities of the Russian Federation
Marat Shamyunov — Deputy Minister of the Russian Federation for the Development of the Far East and the Arctic
Alexander Shokhin — President, Russian Union of Industrialists and Entrepreneurs

Front row participants:
Ivan Abramov — Deputy Chairman of the Committee on Economic Policy of the Federation Council of the Federal Assembly of the Russian Federation
Yuliya Morozova — Acting Deputy Chairman of the Government of Kamchatskiy Krai; Minister of Economic Development and Trade of Kamchatskiy Krai
Vasiliy Nagibin — Acting Head of Economic and Social Policy Affairs Department, Office of the Presidential Plenipotentiary Envoy to the Far Eastern Federal District
Aysen Nikolaev — Head of Sakha Republic (Yakutia)

02.09.2021
15:00–16:30

conference hall 6

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

岐路に立つロシアの森: 次の一歩とは


2022年1月1日より、ロシアで未処理の針葉樹の丸太及び高価値の広葉樹の丸太の輸出が全面的に禁止されることになる。ロシア極東連邦管区において加工処理産業が未発達であることを踏まえると、伐採業界では失業率が高まるリスクがある。森林資源量に関する最新情報、林道や電力供給システムの欠如、木材収穫における生産性の低い手作業の利用、手付かずの森林地帯の断片化など、林業の発展を制約する数多くの要因も看過できない。2030年までの森林開発戦略はどのように実施されるべきなのか?未加工・未処理の木材輸出禁止に関連する社会経済的リスクを最小限に抑えるためにはどのような国家支援措置が必要なのか?原材料をより効率的に使用する方法とは?森林資源を確実に回復するために、新しく植えられた木の成長をサポートする方法とは?林業部門の規制上の課題を克服する策とは?林業部門における規制上の課題を解決する方法とは?ロシア連邦森林資源情報システムを用い、森林利用権の取得に至るまでのプロセスを簡素化することは可能なのか?商業組織や公的機関による森林伐採・木材販売計画・会計・管理の際に最新の情報技術をどう利用すべきなのか?


Moderator:
Alexander Abramov — Chairman of the Board of Directors, EVRAZ plc

Panellists:
Kirill Berman — Executive Director of Digital Transformation, Far East and Arctic Development Corporation
アナトリー ボブラコフ — Deputy Minister of the Russian Federation for the Development of the Far East and the Arctic
Oleg Bocharov — Deputy Minister of Industry and Trade of the Russian Federation
Dmitrii Dobrynin — Vice President, New Forest Pro
Nikolay Ivanov — Managing Director, Segezha Group
コンスタンチン ラシケヴィチ — Chief Executive Officer, RFP Group
Vladimir Sitnov — Senior Vice President, Sberbank
Viacheslav Spirenkov — Deputy Head, Federal Forestry Agency
Hiroshi Tomishima — Senior Managing Director, Iida Group Holdings Co Ltd

02.09.2021
15:00–16:30

conference hall 10

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

開発機関ーロシア極東の急速な発展を実現するツール


The advanced socioeconomic development of the Far East is one of the most important objectives of Russia’s state policy. Development institutions are actively involved in achieving this objective. In recent years, development institutions have taken part in implementing large-scale investment projects that create a brand-new economic landscape in the Far East, such as the gas chemical cluster in the Amur Region, the production of ships and mineral fertilisers in Primorye, copper and gold mining in the Khabarovsk Territory, and the modernization of airports. What contribution have development institutions been making to the socioeconomic development of the Far East in recent years? What investment solutions will be both cost-effective and significantly improve the quality of life of people in the cities of the Far East? What role do the VEB.RF Group and the Far East Development Corporation play in attracting private investment to the macro-region? What specialized investment instruments and resources are currently available?


Moderator:
Artem Dovlatov — Deputy Chairman, Member of the Management Board, VEB.RF; General Director, VEB.DV

Panellists:
コンスタンチン バシュク — Chairman of the Board of Directors, Khabarovsk Airport
Sergey Bachin — General Director, Vasta Discovery
アレクサンドル クルチコフ — Chairman of the Supervisory Board, Investment Partnership "Ryba.RF" Corporation
Stalbek Mishakov — CEO, Northern Star LLC
Alexey Muratov — Partner, KB Strelka
ウラジーミル ソロドフ — Governor of Kamchatka Territory
Konstantin Shestakov — Head of the City of Vladivostok

Front row participants:
Andrey Anikin — Deputy General Director for Project Development and Support, USK MOST JSC
Aleksandr Devyatkin — Head of Infrastructure and PPP Projects Financing, Credit Department, VTB Bank
Konstantin Sukhorebrik — General Director, Aurora Airlines

02.09.2021
15:00–16:30

conference hall 11

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

ロシア極東を身近に: 輸送コスト削減のためのアプローチ


ロシア極東全体の発展を加速させるためには、経済成長の中心地域とその他の地域との経済的結びつきを強化・拡大することが不可欠である。言い換えれば、集積効果による産業活性化は全国規模で達成される必要があるということだ。その際、開発済み輸送インフラがこの活性化プロセスの前提条件となる。輸送インフラは早急な整備が求められている分野であるが、それは輸送インフラ整備により、最終的にすべての事業体の輸送コスト削減につながるためである。これらの目標達成のためには、以下の三つのセクターに力を注ぐ必要がある。第一のセクターは、ロシア極東で最も普及している伝統的な輸送手段である鉄道・道路・航空から成る。これらのインフラは最新の状態にまでアップデートさせなければならない。第二のセクターで求められるのは、北極海航路の役割が拡大していることも踏まえ、マルチモーダル輸送に不可欠なインフラ整備である。これは河川輸送及び内陸水路インフラを整備する必要があることを意味する。そして第三のセクターは無人貨物機の開発であるが、これには巨額の資本が不可欠なインフラの存在が必要となる可能性もある。今最も求められているインフラとは?輸出入の流れをサポートするため何ができるのか?インフラの使用料金を設定する必要はあるのか?マルチモーダル輸送がロシア極東の経済においてどのようなポテンシャルを発揮するのか?極東地域内の内陸水路・無人輸送の見通しとは?


Moderator:
Roman Trotsenko — Founder, Chairman of the Board of Directors, AEON Corporation

Panellists:
Maxim Akimov — Chief Executive Officer, Russian Post
オレグ ベロゼロフ — ロシア鉄道公開株式会社最高経営責任者
Gadzhimagomed Huseynov — First Deputy Minister of the Russian Federation for the Development of the Far East and the Arctic
マクシム ソコロフ — Chief Executive Officer, GTLK
アレクサンドル イスリンス — President, Chairman of the Executive Board, TransContainer
Ekaterina Lyakhova — Director for Business Development, The State Atomic Energy Corporation ROSATOM; Deputy Director, Chairman of the Board of Directors, JSC Atomenergoprom
イリーナ オリホフスカヤ — Chief Officer for Seaport and Railway Projects, UMMC
ステパン ソルジェニーツィン — Chief Executive Officer, Siberian Generating Company; Chief Executive Officer, SUEK
ワディム シュベーツォフ — General Director, Sollers Group

Front row participants:
アレクサンドル クルチコフ — Chairman of the Supervisory Board, Investment Partnership "Ryba.RF" Corporation
Nikolay Chernetsov — Director of Strategic and Operational Consulting Practice, KPMG in the CIS

02.09.2021
15:00–16:30

conference hall 17

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

ロシア極東島嶼地域の再起動: 投資に関する優遇措置


昨年、ロシア経済の脱オフショア化を加速させることを目的とした一連の措置が実施された。国際的な税務情報共有に関する規制の厳格化、多くの諸外国との二重課税防止条約の再評価及び同政策をその他の従来の低税率管轄区域にまで拡大する計画は、特別行政区(SAR)制度の強化と相まって、ロシア連邦へ企業を移転させる「再定住」を外国企業の間で急速に流行らせることになった。現在、47社を超える持ち株会社がロシア連邦の特別行政区に移転することを決定している。その一方で、ルースキー島でのSAR制度の需要は非常に低いものとなっている。ルースキー島のSAR登録企業による総投資額は2018年から2021年の間に合計3億ルーブルであるが、オクチャブリスキー島でのSAR投資額はすでに20億ルーブルを超えている。 SAR制度へのビジネス界の関心が高まる中、クリル諸島の経済・投資活動を刺激することを目的とした画期的な措置を含める新計画が発表された。SAR制度の内容が等しい条件下で、企業がルースキー島移転を見送る理由とは?企業がロシア連邦にスムーズに移転するために必要な追加措置とは?予定されている変更点を考慮して、企業移転第2の波を期待できるのか?また、今後1〜2年の間に経済特区にどのような企業が現れることが期待できるのか?ロシアの島嶼地域は、企業にとって外国のオフショア地域に代わるものとなり得るのか?


Moderator:
Mikhail Orlov — Partner, Head of Tax and Legal, KPMG in the CIS

02.09.2021
17:15–18:45

conference hall 4

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

最高のアートを求めて: ロシア極東映画クラスターの展望


ロシア極東には映画製作の素晴らしい伝統が続いている。ハバロフスクの住民は、1910年に市内初の映画館がオープンしたことで、この世界的な産業に初めて触れることになった。1925年には、「極東ニュース映画スタジオ」が市内に設立され、国内で残存する最も古いスタジオとなった(同施設は現在も存在している)。ヴァシリエフ兄弟により制作された「チャパエフ」は高い評価を受けており、同作品は沿海地方で撮影された。1975年には、東京で「デルスウザーラ」のワールドプレミアが開催され、ハバロフスク地方で撮影が行われた。この作品はアカデミー国際長編映画賞を受賞し、オスカーを受賞した3つのロシア映画作品の1つとして列を連ねた。また1975年の第9回モスクワ国際映画祭では金賞を受賞した。今日、極東地域はロシア国内や国際的な映画製作者から大きな関心を集めており、映画業界に対する新たな支援メカニズムを開発する必要性が高まりつつある。ロシア極東における映画クラスター創設の見通しとは?映画制作会社の地域での映画撮影を奨励するための方法とは?映画産業発展には、どのような形での支援が最も効果的なのか?


Moderator:
Aleksandra Maksimets — General Director, "SEAWOLF. Cinematic stories creation" LLC

Panellists:
Yefim Zvenyatsky — Artistic Director, Primorsky Academic Drama Theatre named after M. Gorky; Russian Government Cultural Affairs Award 2016 Winner
Alexander Melnik — Film Director, Screenwriter, Member of Russian Guild of Film Directors
Dina Podprugina — General Director, Baikalkino
Alexey Romanov — Artistic Director, Autonomous Institution of the Republic of Sakha (Yakutia) State Oil Company "Sakhafilm"
Fedor Scherbakov — General Director, Lenfilm Film Studio

Front row participant:
Afanasiy Savvin — General Director, Sakha Republic Development Corporation

02.09.2021
17:15–18:45

conference hall 6

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

物価事情:誰にロシアは住みよいか


ロシア領土内で最大面積を誇る10の地域の内、6つの地域が極東連邦管区に位置する。また、ロシアの5つの地域では低い人口密度と厳しい気候条件が特徴とされており、その内の4つの地域がロシア極東にある。さらに、極東連邦管区の11管区内のうち10の地域では、ロシア連邦全体の平均を下回る財政能力を記録しており、残りの4つの地域では財政能力は最低以下となっている。ロシア極東地域がこのような財政レベルで国家目標を達成するための方法とは?開発予算無しで前進することは可能なのか?財政の不均衡はどの程度危険なのか?なぜ負の政府間財政移転が地方レベルではなく、地方自治体レベルで存在するのか?追加の支援策は、人々の生活の質を改善し、ロシア極東からの人口の流出を食い止めるために役立つのか?過去10年間で、極東連邦管区の財政力指数が平均わずか13%しか上昇しなかった原因とは?今年度には地域支援方策に関する多くの決定がなされた。これらの政策は、予算の行きわたりの公平性を回復することに十分貢献するのか?政府間移転(助成金を含む)の増加の効果は証明されるのか?それとも特定の権限を連邦当局に移転すべきなのか?


Moderator:
ウラジーミル ソロドフ — Governor of Kamchatka Territory

Panellists:
Vladimir Klimanov — Director, Institute for Public Finance Reform (IPFR); Head of the Regional Policy Center, Russian Presidential Academy of National Economy and Public Administration (RANEPA)
アレクサンドル オシポフ — Governor of Trans-Baikal Territory
Tatyana Polovaikina — First Deputy Chairman of the Government of the Amur Region
Diana Samandas — Minister of Finance of the Magadan Oblast
Natalya Trunova — Auditor, Accounts Chamber of the Russian Federation
Marat Shamyunov — Deputy Minister of the Russian Federation for the Development of the Far East and the Arctic

Front row participant:
Mariya Avilova — First Deputy Chairman of the Government of the Khabarovsk Krai

02.09.2021
17:15–18:45

conference hall 12

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

ロシア極東 – 感動の旅を求めて: 観光客と投資家のための新たな可能性


観光業はロシア極東の持続的な経済発展の推進力となるだけでなく、地域社会を安定化させ、住民の生活の質の向上に貢献しなければならない。近年の連邦・地方レベルの積極的な観光政策により、優先的社会経済発展区域(TOR)・ウラジオストク自由港(FPV)の導入・運営、官民共同パートナーシップの取り組み、観光プロジェクトが実施された。その中で投資誘致の観点から、投資プロジェクト実施期間を短縮することが主な課題となっており、これは観光客増加と地域の観光分野での認知度が高まることにより解決可能とされている。観光業の発展を妨げる要因とは何か?地域の包括的な観光開発をサポートするために効果的なツールとは?


Moderator:
Sergey Bachin — General Director, Vasta Discovery

Panellists:
Pavel Volkov — State Secretary, Deputy Minister for the Development of the Russian Far East and the Arctic
Taras Demura — General Director, TUI Russia
アレクサンドル コズロフ — アムール州知事
Elena Lysenkova — Deputy Head, Federal Agency for Tourism (Rosturizm)
Dashi Namdakov — Founder, Fund for the Promotion of Culture and Art named after Dashinima Namdakov
Olga Surikova — Director, Tax and legal, KPMG in the CIS
Aleksandr Tertychnyy — General Director, Anterra
Alexey Tsydenov — Head of the Republic of Buryatia

02.09.2021
17:15–18:45

conference hall 13

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

インパクト投資:社会的課題解決において国家は民間パートナーを信頼する準備ができているのか?


ロシア極東地域の多くで社会福祉サービス市場が不足している。その主な原因は低い人口密度、インフラの老朽化・不足、低料金にあり、現存するサービス品質の向上が困難となっている。国際的な成功例を見ると、社会サービスは予算外の資金源導入と民間事業者の参加を通じて提供され、これにより市場競争が促進され、さらに高品質のサービス提供が保証されるという仕組みになっている。社会プロジェクト第一号がヤクーチアで開始された後、ロシア極東は社会福祉開発の旗頭となった。現在進行中の5つのプロジェクトの内4つが極東連邦管区で実施されており、3つが開発中である。インパクト投資のもう1つの重点分野はインフラへの投資であり、大学キャンパス間ネットワーク作成を行う新プロジェクトがその第一歩となっている。2021年7月27日付連邦法1268号により、同プロジェクトの実施条件が正式に定められた。これらのキャンパスの創設は、教育の質の向上に貢献するだけでなく、ロシアや世界の優れた科学者の協力による科学分野の進歩にもつながる。さらに、キャンパスを一般的な都市インフラに統合することで隣接地域の開発を促進し、都市集積の経済発展の原動力としての地位を確固たるものとすることになる。いかなる投資家のインセンティブが存在するのか?プロジェクトの恩恵を受けて解決された地域課題とは?ロシアへのインパクト投資を促進する方法とは?


Moderator:
Oksana Kosachenko — President, Sistema Charitable Foundation

Panellists:
アナトリー ボブラコフ — Deputy Minister of the Russian Federation for the Development of the Far East and the Arctic
Kirill Bychkov — First Deputy Chairman of the Government of the Republic of Sakha (Yakutia)
Anton Drozdov — Deputy Chairman, Promsvyazbank
Sin Chih-Hoong — Chairman, Traverse Ltd (online)
Svetlana Yachevskaya — Deputy Chairman, Member of the Board, VEB.RF

Front row participants:
Alexey Mavrin — General Director, OPECA
Andrei Modestov — General Director, Medskan Group of Companies

03.09.2021
10:00–11:30

conference hall 4

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

ロシア極東ITハブ2030:アジア太平洋市場を目指す


ロシア極東は魅力的なITプロジェクト及びハイテク・スタートアップ企業の中心地である。ロシア極東の多くの開発者は、すでにグローバル市場で成功を収めている。輸出の潜在的可能性を高めるため、ロシア極東は国内・海外市場に焦点を当ててロシア最大級のハイテク・ITハブとしての地位を確立することにより、技術的優位性を確保しなければならない。ロシア極東を世界の技術開発最前線に位置づけるために、どのような競争力開発が必要なのか?ハイテク・IT業界の飛躍的な成長促進を達成するための措置とは?アジア太平洋ハイテク市場参入においてロシア極東が秘める可能性とは?


Moderator:
Tagir Aushev — Head of the Laboratory of High Energy Physics, Moscow Institute of Physics and Technology

Panellists:
Sergey Batekhin — Chief Executive Officer, Head of the Management Board,
Ivan Kolomoyets — Co-Founder, Uchi.ru (online)
Rustam Milanov — Chief Executive Officer, Visitech
Maxim Parshin — Deputy Minister of Digital Development, Communications and Mass Media of the Russian Federation
ルスラン サルキソフ — 株式会社「極東バイカル地域発展基金」副理事長
Anatoly Semenov — Minister of Innovations, Digital Development and Communication Technologies of the Republic of Sakha (Yakutia)

Front row participants:
Yevgeny Virtser — General Director, Key Point
Alexander Drozdov
Simon Zagaynov — Chief Executive Officer, ExpoPromoter (Biletum Group) (online)
Aleksei Iuzhakov — Chairman of the Board of Directors, Promobot

03.09.2021
10:00–11:30

conference hall 7

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

人々と新プロジェクトを支えるロシア極東クリーンエネルギー


世界的なエネルギーの性質の変化、気候規制、世界的なエネルギー需要形成に関連した一連の変化は、世界のエネルギー産業に関わる全ての人々にとっての新たな危機とチャンスの両方を生み出すことになった。これは世界史上4度目となるエネルギー移行となる。現在、エネルギー効率化、脱炭素化(再生可能エネルギー源、貯蔵施設、水素、炭素回収など)、エネルギー分散化、デジタル化などさまざまな技術的進歩が認められている。最も重要な課題は、気候変動との闘いである。気候変動に関する議論は国際レベルで結論が出され、気候変動は人為的な温室効果ガス排出によって引き起こされるという事実には各国が同意した。気候変動問題に加えて、技術が進歩するにつれて、燃料・エネルギー産業の機能も従来とは変化しつつある。その結果、今後の開発戦略の方向性も不透明なものとなってきている。さらに世界的なエネルギー情勢の変化が間近に迫る中、国の競争力を維持しつつ、安価なエネルギー資源により経済成長を加速させるという問題は早急に解決すべき課題となった。この点で代替(非炭素)エネルギー資源開発は重要な課題となってきている。国家の役割は、国内燃料・エネルギー産業の目標設定における構造的変化の推進力として、同様のプロジェクトを支援し、新たなエネルギー産業のさらなる発展の可能性を提供することだ。これは同産業における官民パートナーシップ(PPP)ツールの開発及び体系的なアプローチの考案を意味する。世界的に重要性が高まりつつある気候アジェンダを考慮しながら、企業が立てるべき戦略とは?代替燃料等の「製品主体型」のソリューションか?「新エネルギー」プロジェクト及びPPPツールプロジェクト開発における、国家による人間工学的なアプローチの可能性とは?


Moderator:
Anton Poriadine — Partner, CIS EY Parthenon Leader, Co-leader of Energy sector in EMEIA, EY

Panellists:
Roman Berdnikov — First Deputy General Director, Member of the Management Board, RusHydro
Kirill Bychkov — First Deputy Chairman of the Government of the Republic of Sakha (Yakutia)
Vitaly Korolev — Deputy Head, Federal Antimonopoly Service of the Russian Federation
Chong Soo Park — Chairman, The Presidential Committee on Northern Economic Cooperation (online)
Oleg Sirazetdinov — Vice President, Rusatom Overseas

Front row participant:
Aleksey Kaplun — Chief Executive Officer, H2 Clean Energy

03.09.2021
10:00–11:30

conference hall 9

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

ロシア極東の新星: 大型プロジェクトの進化


利用可能な近代的インフラストラクチャーの存在は、地域の投資の魅力を高め、その経済的可能性・発展に貢献する。また大型プロジェクトを見ると、その逆の場合もあることが分かる。地域開発のアクセラレーターとして機能するプロジェクトは、関連する輸送・エネルギー・社会インフラの構築に貢献し、経済資源と人的資本の魅力的なハブとなる。このような規模のプロジェクト実施は、政府の直接的関与と支援によってのみ可能となる。大型プロジェクトが地域経済に与える影響、地域開発の加速を可能とするプロジェクトが持つポテンシャルとは?重点を置くべきは、プロジェクト実施をサポートするためのインフラの存在なのか、それとも新たなインフラ整備を主導するためのプロジェクトなのか?


Moderator:
グリゴリー ベリョズキン — Chairman of the Board of Directors, ESN Group

Panellists:
オレグ ベロゼロフ — ロシア鉄道公開株式会社最高経営責任者
Dmitry Govorov — Vice President for Government Relations and Strategic Communications, Russian Copper Company
Mikhail Degtyarev — Acting Governor of Khabarovsky Territory
Valery Kazikayev — Chairman of the Board of Directors, Udokan Copper
アレクセイ コズロフ — 副取締役会長、PJSC SIBUR
Oleg Melnikov — Executive Vice President - Head of the Department of Banking Support for Contracts of Gazprombank (Joint-stock Company)
Aleksey Molsky — Deputy Director General for Investment, Capital Construction, and Sales of Services, Rosseti
Ksenia Razuvaeva — Head, Federal Agency for Youth Affairs (Rosmolodezh)
ニコライ サビトフ — General Director, Himproekt

03.09.2021
10:00–11:30

conference hall 11

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

ロシア極東の下層土: 最適な採掘方法


ロシア極東連邦管区は、ダイヤモンド、石炭、亜鉛、銅、鉛、タングステン、金、銀、スズ、および希土類金属の埋蔵量の生産においてトップの地位を占めている。収益性が高くすでに開発された鉱床が商業流通しているため、大規模な鉱業会社には新たな鉱床を発見して開発委託するインセンティブが低下している。鉱業会社は、新たな採掘ライセンスを取得して長期的な鉱物資源採掘が見込める地層のアクセス権を持っているが、実際には採掘を開始しようとしない。これに加えて、企業は輸出志向型のプロジェクトを好む傾向がある。つまり、ロシア極東連邦管区のどの採掘場でも、高度なハイテク機器を使用した原材料の加工処理はほぼ行われないということである。その結果、マクロ地域の鉱床が持つ潜在的可能性を完全に引き出すことができないでいる。ロシア極東連邦管区で原材料の高度な加工処理を専門とする企業の設立を支援するために、どのようなメカニズムを導入する必要があるのか?未使用採掘ライセンスの商業流通への導入を奨励するために利用できるツールとは?資源の採掘・濃縮・廃棄物管理の点で、国内トップの生産者との間にある差をどう埋めることができるのか?ロシア極東で採掘された原材料の国内需要を促進し、地域での生産・加工を促す方法とは?ロシア極東における「宣言型原則」の考案・実施の見通しとは?


Moderator:
パヴェル グラチョフ — Chief Executive Officer, Polyus

Panellists:
グリゴリ ウィゴン — Managing Director, VYGON Consulting
アレクサンドル コズロフ — アムール州知事
Denis Manturov — Minister of Industry and Trade of the Russian Federation
Aysen Nikolaev — Head of Sakha Republic (Yakutia)
Oleg Novachuk — Chairman of the Board of Directors, Mining company Baimskaya
Anna Tsivileva — Chairman of the Board of Directors, Kolmar Group

Front row participant:
Oleg Sienko — First Vice President, Russian Copper Company

03.09.2021
10:00–11:30

conference hall 12

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

「投資誘致の保証人」としての国内管轄権と信頼に値する国際関係


ロシアは投資家向けのインセンティブシステムを運用しており、投資メカニズムを微調整して投資家をロシア極東に誘致している。ロシア極東で実施されている国家支援措置策には、高度な経済特区・自由港・インフラ支援が含まれ、投資プロジェクトの実施において効果を発揮している。同様にこれらのプロジェクトの成功例は、地域の発展のための重要な要素となっている。国家の意思決定に対する信頼性を高め、その質を向上させることは、投資の魅力と国際関係にプラスの影響を及ぼすことにつながる。これにより地域及び地域コミュニティの発展、そして国民経済全体の発展といったドミノ効果がもたらされるのである。国による管轄はマクロ経済発展にいかなる影響を及ぼすのか?地域での投資プロジェクト成功を支援するために、採用すべき支援策とは?インセンティブ措置がもたらす効果とは?近い将来、国による管轄の在り方はどう変化すべきなのか?


Moderator:
Vladimir Gruzdev — Chairman of the Board, Association of Lawyers of Russia

Panellists:
Arthur Davtyan — General Prosecutor of the Republic of Armenia
Alexander Kalinin — President, All-Russian Non-Governmental Organization of Small and Medium-Sized Businesses OPORA RUSSIA
Igor Krasnov — Prosecutor General of the Russian Federation
Alexander Liberov — President, Siemens in Russia
Svetlana Orlova — Auditor of Accounts Chamber of the Russian Federation
Kumar Prashant — President, The Bar Association of India
Aleksey Serko — State Secretary, Deputy Minister of the Russian Federation for Civil Defence, Emergencies and Elimination of Consequences of Natural Disasters
Boris Titov — Presidential Commissioner of the Russian Federation for the Protection of Entrepreneurs’ Rights

03.09.2021
10:00–11:30

conference hall 13

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

脱「極」東化: 国家と市民を繋ぐSDGs(持続可能な開発目標)と新たなデジタルプラットフォーム


公共サービスの思想に基づく新型デジタルプラットフォームが導入され、SDGsが地域に定着するにつれて、ロシア極東のほとんどの地域で「大きく広い地球」や「大陸」といった概念は過去の遺物になりつつある。国の中心部から地理的に離れているという理由だけで、市民はもはや国家とのコミュニケーションから切り離されているとは感じておらず、「中心」の概念は変化し続けている。質の高いサービスの供給及び国家とのコミュニケーションの可能性は、現代の管理システムが抱える重要な課題である。デジタル通信とサービスにより、地理的な障壁を取り除き、地理的に孤立した地域のよりバランスの取れた開発が可能となる。


Moderator:
Alexey Migunov — Co-founder, PrimaMedia

Panellists:
Dmitry Alexeev — General Director, DNS Group LLC
Dmitry Godunov — First Deputy Head, Analytical Center for the Government of the Russian Federation
Kirill Istomin — First Deputy General Director, Dialogue Regions
Vladimir Komlev — Chief Executive Officer, National Payment Card System
Ekaterina Reznikova — Vise President, Member of the Management Board, Head of the Digital Business Unit, MTS Bank
ウラジーミル ソロドフ — Governor of Kamchatka Territory

Front row participants:
Anton Gorelkin — Member of the State Duma of the Committee of the Council of the Federation of the Federal Assembly of the Russian Federation on Information Policy, Information Technology and Communications (online)
Elina Sidorenko — General Director, Platform for Working with Entrepreneurs’ Enquiries

03.09.2021
12:30–14:00

conference hall 3

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

飛行安全異常なし: ロシア極東の新空路アクセスの可能性


航空産業は、ロシア極東地域及びそのマクロ地域内、極東連邦管区とロシア中央部を結ぶ輸送網の安定性確保において重要な役割を果たす。遠隔地の集落には、多くの場合は飛行機・ヘリコプターでのみ行くことが可能である。同時に、極東連邦管区の人口移動係数は、ロシア平均値の半分となっている(極東連邦管区:0.72、ロシア連邦全体: 0.35)。ロシア極東の航空網を改善することで、急速な社会経済発展が達成され、地域もまた投資家にとってより魅力的な場となる。このためロシア政府は航空網整備に多大な関心を払っている。連邦予算から資金が割り当てられていることで、ロシア極東の居住者及び特定の住民カテゴリーに属する人々は、割引き飛行機チケットが購入可能だ。また極東連邦管区内の特定の航空ルートにも同様に助成金が割り当てられている。一方、極東連邦管区の各構成主体は、管区内のフライトを行う航空会社のコストを負担している。さらに、ロシア極東全体に単一の航空会社を設立する計画が進行中であり、航空ネットワークを近代化する作業も行われている。


Moderator:
Mikhail Kuznetsov — Director, Eastern State Planning Center (FANU Vostokgosplan)

Panellists:
Oleg Bocharov — Deputy Minister of Industry and Trade of the Russian Federation
マクシム ソコロフ — Chief Executive Officer, GTLK
Konstantin Sukhorebrik — General Director, Aurora Airlines
Alexey Tsydenov — Head of the Republic of Buryatia
Igor Chalik — Deputy Minister of Transport of the Russian Federation

Front row participants:
Ivan Abramov — Deputy Chairman of the Committee on Economic Policy of the Federation Council of the Federal Assembly of the Russian Federation
ニコライ ハリトノフ — Chairman of the Committee for Regional Policy and Issues of the North and Far East, State Duma of the Federal Assembly of the Russian Federation
Andrey Chikhanchin — Deputy Chief Executive Officer for Commerce and Finance, Aeroflot

03.09.2021
12:30–14:00

conference hall 6

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

ロシア経済の「新しい石油」としての物流: 発展の推進力ー国際輸送回廊


COVID-19の大流行とスエズ運河で発生した事故により、アジア太平洋諸国からヨーロッパへの商品輸送の従来のルートが変更されることになった。その結果、スエズ運河を経由する輸送の長期契約がある場合も、貨物所有者はロシア極東経由のルートを含めた代替ルートを探さざるを得なくなっている。さらに、遠洋航路の運賃は過去1年間でほぼ8倍に値上がりしており、ロシア極東は新たな貿易ハブとして競争力を高めている。 2021年には、ロシア極東を通過する貨物輸送量が前年と比較して20%増加した。ロシアを通過する輸送量の増加に伴い、北極海ルートもスエズ運河の本格的な代替手段になる可能性が高まりつつあることは無視できない。現在、アジア太平洋地域からヨーロッパへのロシア領土を通過する輸送ルートにおけるインフラ問題はどの程度重要なものとなっているのか?国際輸送回廊の将来像、全加盟国の公平な利益分配を考慮に入れつつ、インフラ開発・運用を調整していく方法とは?インフラ開発の課題が残る中、北極海航路はロシア極東を通過する輸送ルートの負担を軽減することができるのか?北極海航路に貨物流通を引き付けるために、現在どのようなプロジェクトが実施されているのか?いかなる鉄道事業者への支援措置、技術ソリューションが貨物の通関手続きを最適化し、ロシア領土を通過するアジア太平洋諸国・ヨーロッパ間、アジア太平洋諸国・ロシア間の貨物輸送時間を短縮することができるのか?


Moderator:
Alexandra Suvorova — Anchor, Russia 24 TV Channel

Panellists:
Sultan Ahmed Bin Sulayem — Group Chairman, Chief Executive Officer, DP World
Kirill Bogdanov — Deputy Minister of Transport of the Russian Federation
Gadzhimagomed Huseynov — First Deputy Minister of the Russian Federation for the Development of the Far East and the Arctic
ルスラン ダヴィドフ — 連邦税関庁 副長官
セルゲイ イワノフ — Special Representative of the President of the Russian Federation on Environmental Protection, Ecology and Transport
Zsolt Katona — Managing Director of Maersk Eastern Europe (online)
キリル コマロフ — 国営原子力企業「ロスアトム」発展・国際ビジネス担当部長 第一副社長
ドミトリー コノフ — Chairman of the Management Board, SIBUR Holding
Andrey Severilov — Chairman of the Board, Far-Eastern Shipping Company
Yi Zhang — General Manager, Liaoning Port Group (online)
Aleksey Shilo — Deputy Managing Director, Head, Centre for Corporate Transport Services (CFTO), Russian Railways

03.09.2021
12:30–14:00

conference hall 7

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

Network of University Campuses – Russia's Intellectual Belt


Achieving national development goals requires a comprehensive approach to and the implementation of large-scale public projects, including those related to the country's infrastructure development. One solution is to create a network of modern university campuses that meet international standards for building university in-frastructure. International experience of developing university campuses demonstrates their essential role and significance in addressing not only the educational and research tasks of universities but also in creating a favourable environment for stimulating innovation and entrepreneurial activity and the social development of individual districts and cities. Today, the campuses of the world's leading universities are centres of business and cultural activity in cities and regions. A modern campus strengthens the university brand in the interna-tional higher education market. It also ensures its global competitiveness, thus forming conditions for the de-velopment of science and technology, advanced economic growth, and the country's reputation as a comforta-ble and safe place for international students and researchers. This objective is being developed through a pro-ject to create a network of modern university campuses. Russian Government Decree No 1268, dated 28.07.2021, established the primary conditions for implementing the above-mentioned project. The creation of campuses will not only help to improve the quality of education but will also lead to scientific break-throughs as part of the interaction between leading Russian and foreign scientists, and will boost the devel-opment of the surrounding areas by integrating the campuses into the overall urban infrastructure, which will allow them to become a driver of economic growth of the metropolitan area.


Moderator:
Evgeniy Szhenov — Scientific Director, Expert-Analytical Center "Scientific And Educational Policy"

Panellists:
Mikhail Alashkevich — Managing Director, VEB.RF
ニキータ アニシモフ — 極東連邦大学(DVFU) 学長代行
Mikhail Degtyarev — Acting Governor of Khabarovsky Territory
Valery Falkov — Minister of Science and Higher Education of the Russian Federation
Alexey Chichkanov — First Vice President, Gazprombank

Front row participants:
Maksim Vedyashkin — Vice Rector for Campus Management, Far Eastern Federal University
Andrey Kiselev — First Deputy General Director, VTB Infrastructure Holding
Nikolay Stetsko — Deputy Chairman of the Government of the Primorsky Krai

03.09.2021
12:30–14:00

conference hall 11

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

「ロシア極東のコンセッション事業」:インフラ整備による突破口を開く方法とは


ロシア極東のインフラには膨大な需要がある。通常すべての主要プロジェクトには道路・鉄道、ガス・電気供給、上下水処理施設が必要となる。人々のニーズを満たすことができる社会インフラは、何千もの新規雇用創出が期待される将来の経済成長の中心地にも構築されなければならない。予算制約がある中で、実施中のすべてのプロジェクトに同時に国家支援を提供することは不可能である一方、必要なすべてのインフラを自費で整備できる企業も存在しない。ロシア極東のコンセッション契約はインフラ負担を軽減するために開始され、コンセッション契約の条件に従って新プロジェクトを委託してから10〜20年にわたって発生したインフラコストの補償を投資家に与える。今日のロシア極東でこのメカニズムが必要な理由とは?ロシア極東のコンセッションは、マクロ地域に新たなインフラ構築を行う際に生じる問題を解決できるのか?投資家や銀行には、同メカニズムを利用してインフラ構築を行う用意があるのか?「ロシア極東のコンセッション事業」の文脈における投資アクセラレーターとは?


Moderator:
Alexander Dolgov — Managing Partner, Head of Infrastructure & PPP Practice in Russia and CIS, Central Asia and Caucasus, Squire Patton Boggs

Panellists:
アナトリー ボブラコフ — Deputy Minister of the Russian Federation for the Development of the Far East and the Arctic
Vitaly Korolev — Deputy Head, Federal Antimonopoly Service of the Russian Federation
Yuriy Korsun — Deputy Chairman, Member of the Management Board, VEB.RF
Oleg Pankratov — Chief Executive Officer, VTB Infrastructure Holding
Dmitry Pronchatov — Chairman of the Board of Directors, National Transport Concessions (VIS Group)
Mikhail Chachin — Vice President, Sberbank

Front row participants:
Roman Berdnikov — First Deputy General Director, Member of the Management Board, RusHydro
Ivan Grigorovich — General Director, RZD Invest
Oleg Novachuk — Chairman of the Board of Directors, Mining company Baimskaya

03.09.2021
12:30–14:00

conference hall 13

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

デジタル市場独占とサイバー脅威: デジタルプラットフォームと国家の衝突


産業の開発が進むにつれて避けられない問題となってくるのが、国際デジタルプラットフォームによるデジタル市場の独占及び現地法遵守を巡る問題である。海外IT大企業が現地の法令を遵守するように導く方法とは?ロシア企業を守る方法とは?ロシアとカリフォルニアのどちらの法律に従ってサイバー脅威と闘うべきか?不正確な情報をすばやく特定して拡散を阻止する方法とは?デジタル脅威が市民からの信頼レベルに及ぼす影響とは?その責任を誰が負うのか?不正確な情報との闘いに関する覚書へのロシアIT業界代表者による合意は何を変えていくのか?


Moderator:
Dmitry Gornostayev — Deputy Editor-in-Chief, Rossiya Segodnya

Panellists:
Vadim Glushchenko — Director, Center for Global IT-Cooperation
Anton Gorelkin — Member of the State Duma of the Committee of the Council of the Federation of the Federal Assembly of the Russian Federation on Information Policy, Information Technology and Communications (online)
Petr Ivanov — Deputy Head, Federal Antimonopoly Service
Kirill Istomin — First Deputy General Director, Dialogue Regions
Wai Min Kwok — Senior Governance and Public Administration Officer of Economic and Social Affairs Department, United Nations (online)
Maxim Parshin — Deputy Minister of Digital Development, Communications and Mass Media of the Russian Federation

Front row participants:
Peter Gorodov — Deputy Prosecutor General of the Russian Federation
Elena Udalova — Head of Sociology Department, ANO Dialogue

03.09.2021
12:30–14:00

conference hall 17

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

ビジネス保証拡大による投資魅力の強化


ロシア連邦管轄区域は、ロシア国内でビジネス活動を行う意欲を示す起業家に多くの優遇措置を適用している。展開する経済特区もまた一連の優遇措置の一つである。経済特区制度は国際競争及び経済統合を目的とした効果的な開発ツールとして機能している。パンデミックの期間中、国家指導部は税制優遇措置、各許可証更新期限延長、経済主体の検査のモラトリアムなど起業家保護のために前例のない措置を講じてきた。また検察官は政府保証がある場所で投資活動のために安定した環境が提供されているか監視し、政府・ビジネス関係の諸分野における問題を解決、財務関係などの重要な公共サービスが提供されているか、またインフラがエンジニアネットワークに接続されているか監督してきた。それに加えて、輸送商品の課税価格修正、電子申告、地域航空会社への政府支援の提供、ナホトカやウラジオストクを含むロシア極東の港での荷役作業員の権利の保護に関する問題は常に監督下に置かれている。ロシアのビジネス環境、特にロシア極東のビジネス環境を改善するために必要な措置とは?新たな統制監視システムにおける検察の役割とは?企業は欠検査作業のデジタル化からどのようなメリットを期待できるのか?国際貿易業者が直面している問題とは?


Moderator:
Alexander Kalinin — President, All-Russian Non-Governmental Organization of Small and Medium-Sized Businesses OPORA RUSSIA

Panellists:
Dmitry Danilov — Head of the Department of Supervision over Execution of Federal Legislation, The Prosecutor General’s Office of the Russian Federation
Vladimir Ivin — Deputy Head, Federal Customs Service of the Russian Federation
Elina Sidorenko — General Director, Platform for Working with Entrepreneurs’ Enquiries
Boris Titov — Presidential Commissioner of the Russian Federation for the Protection of Entrepreneurs’ Rights
Alexey Khersontsev — State Secretary — Deputy Minister of Economic Development of the Russian Federation (online)
Marat Shamyunov — Deputy Minister of the Russian Federation for the Development of the Far East and the Arctic

Front row participant:
Alexis Rodzianko — President, American Chamber of Commerce in Russia

04.09.2021
10:00–11:30

conference hall 2

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

文化振興事業: さらに上の生活の質を目指して


ロシア極東の社会・経済的発展を目指す国家プログラムに含まれる課題の1つは、マクロ地域全体での文化プロジェクト開発である。文化的に発展した地域における居住生活は魅力的であるとされているが、それは人々の社会的・文化的・精神的な満足度が生活の質を決める主な要因であるためだ。マクロ地域の文化的ポテンシャルをいかに効果的に活用できるのか。地域の文化プロジェクトへ人々の関心を生み出し、活動を奨励するために不可欠なインフラを整備する方法とは?アジア太平洋諸国との文化交流の見通しとは?明るい地域のイメージを形成する方法とは?


Moderator:
Roman Karmanov — Chief Executive Officer, Presidential Fund for Cultural Initiatives

Panellists:
Eldar Aliev — Chief choreographer of the Primorsky Stage of the Mariinsky Theater
Yulia Klimko — Director, Enso Foundation for Cultural Initiatives
Maxim Kosenko — General Director, Youth House (Komsomolsk-on-Amur)
Larisa Kotreleva — Director of the Branch of the State Tretyakov Gallery in Vladivostok
Alla Smorodinova — Vice-Rector for International Relations, Innovation and Additional Education, Far Eastern State Institute of Arts

Front row participant:
Elena Bronnikova — Minister of Culture of the Primorsky Territory

04.09.2021
10:00–11:30

conference hall 6

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

ロシア極東特殊部隊: ムラヴィヨフ=アムールスキープログラム2030プレゼンテーション


若手の専門家は、国の社会経済発展の推進力となる。優秀な人材の育成は、ロシア極東・北極圏経済への若手専門家統合を目的とする重要アジェンダが掲げる主要課題の一つである。ロシア極東及び北極圏での仕事には、国家・地域の労働文化とアプローチに関する深い知識、地域コミュニティとの効果的なコミュニケーション、抱える課題と価値観の理解を含む特定のスキルが必要不可欠である。その一方で、公務員を志望している若い専門家の大多数は、ロシア極東・北極圏へ移住する準備ができていない。公務員としてのキャリアを築くために開かれた機会及び公務員の仕事の透明性について若者の間で意識を高めることも達成しなければならない目標の一つだ。 「ロシア極東特殊部隊」はどのような資質と能力を備えているべきなのか?必要なスキルを身につける方法とは?ロシア極東・北極圏の若手専門家に開かれた可能性とは?


Moderator:
Andrey Sharonov — President, Moscow School of Management SKOLKOVO

Panellists:
Alexey Koshel — Acting Rector, Far Eastern Federal University (FEFU)
Aysen Nikolaev — Head of Sakha Republic (Yakutia)
Igor Nosov — General Director, Far East and Arctic Development Corporation
Victor Sidnev — President, Union for Russian Science Cities Development
Oleg Skufinskiy — Head, The Federal Service for State Registration, Cadastre and Cartography (Rosreestr)
ウラジーミル ソロドフ — Governor of Kamchatka Territory
アレクセイ チェクンコフ — Minister of the Russian Federation for the Development of the Far East and the Arctic

Front row participants:
Evgeny Grigoriev — Head of Yakutsk Urban Distrikt
Sergey Dmitrienko — First Deputy Head of the City of Vladivostok
Nikolay Stetsko — Deputy Chairman of the Government of the Primorsky Krai

04.09.2021
10:00–11:30

conference hall 11

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

中小企業への輸出: 始めてすぐに成功を収める方法とは


起業家や事業拡大を計画している経営者が優先すべき課題は、新たな販売市場の確保である。ロシア国内外で新たな機会が開かれており、商品・サービス輸出はロシア経済にとって要となる。起業家はまず、世界市場のどの地域に自社の商品・サービスを提供すべきか検討する必要がある。国際協力・輸出国家プロジェクトは、ロシアの生産業者の輸出ポテンシャルを活かすことを目的とした一連のプロジェクトの一つであり、新たな輸出志向型プロジェクト開発は大きな注目を集めている分野でもある。セッションでは、いくつかの国際市場を検討し、輸出の成功例が紹介される。セッションは、参加者が最も気になるであろう「輸出業は簡単に参入できる商業分野なのか」という疑問にも答える内容となっている。


Moderator:
Pavel Dolgov — Vice President, Association of Exporters and Importers

Panellists:
Denis Buzykin — Director of E-Commerce, Far East Macroregion, Russian Post
Natalya Minayeva — Regional Project Director, Russian Export Centre
Nguyen Minh — Director, Representative Office, Moscow Association of Entrepreneurs in Vietnam (online)
Lubarto Sartoyo — Investment Advisor to the Ambassador of the Republic of Indonesia to the Russian Federation
Valentina Filonenko — Deputy Minister of Economic Development of the Khabarovsk Territory

Front row participants:
Tatiana Poltavets — Head of the MBA Export to Asia Program, Academy of Management, Far Eastern Federal University
Maxim Chereshnev — Chairman, Russian Trade and Economy Development Council (online)

04.09.2021
10:00–11:30

conference hall 12

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

「極東1ヘクタール」: 原野から開かれた経済空間へ


「極東1ヘクタール」プログラムは、進取の気性に富んだ人々がロシア極東の自分たちの土地で夢を実現する機会を提供している。プログラムの参加者は、最小限の管理コストで1か月以内に土地区画を取得できる。このイニシアチブは、官僚的形式主義を減らすだけでなく、土地の開発に住民を参加させる上で大きな進歩をもたらした。プログラムは今後どのように発展していくべきなのか?いかなる政府プログラムがプロジェクトをサポートすべきなのか?エンジニアリング・輸送インフラ開発に関して、プロジェクトはどのような展望を提供するのか?


Moderator:
Mikhail Grudinin — Head, Centre for Development of the Republic of Altai

Panellists:
Natalia Bugaets — Participant of the "Far Eastern Hectare" Program
Kirill Bychkov — First Deputy Chairman of the Government of the Republic of Sakha (Yakutia)
Vitaly Lunev — Minister of Property and Land Relations of Primorsky Krai
Vadim Mamontov — General Director, RussiaDiscovery
Elena Martynova — Deputy Head,The Federal Service for State Registration, Cadastre and Cartography (Rosreestr)
Nikita Stasishin — Deputy Minister of Construction, Housing and Utilities of the Russian Federation
ニコライ ハリトノフ — Chairman of the Committee for Regional Policy and Issues of the North and Far East, State Duma of the Federal Assembly of the Russian Federation
Marat Shamyunov — Deputy Minister of the Russian Federation for the Development of the Far East and the Arctic

Front row participant:
Elena Andreeva — Participant of the "Far Eastern Hectare" Program

04.09.2021
12:30–14:00

conference hall 8

ロシア極東 – 新たな課題と可能性

イノベーションの顔: 新たなテクノロジーリーダー達との対話


ハイテク開発はロシアの経済成長を導く重要な鍵の一つである。ロシア極東が持つ科学技術開発の潜在的可能性は、ロシア極東の発展を加速化するだけでなく、ロシア連邦全体の持続的な経済成長を促すことにつながる。ロシア極東の最大の利点は、急速に発展するアジア市場への近接性、世界の大洋の生物資源を含む独自の天然資源であり、この資源は新しい科学技術を集約した大規模産業の基盤となる可能性もある。今日のロシア極東が直面している主な課題は、ロシア連邦の科学技術開発戦略の優先事項を実施し、ハイテクビジネスを発展させる本格的なエコシステムを形成、研究開発の投資魅力を高めてその結果を商業化することである。また、市民と法的機関に対しては有望かつ魅力的な商業的科学技術プロジェクトへのアクセス権を提供しなければならない。ハイテク分野におけるロシア極東の競争力を高めるために、どのような環境やツールが必要なのか?ロシアでハイテク市場を開拓し、国際市場に統合するために鍵となるメカニズムとは?ロシア極東企業がアジア太平洋地域の市場に参入する際に頼りにしているテクノロジー・ハイテク製品とは?


Moderator:
Elena Kharisova — Vice President for Perspective Projects and New Infrastructure, Far Eastern Federal University (FEFU); General Director, Development Fund of the Innovative Research and Technology Center Russky

Panellists:
Aleksandr Generalov — President, Arnika-Holding
Denis Remenyako — General Director, FC Grand Capital
ルスラン サルキソフ — 株式会社「極東バイカル地域発展基金」副理事長
アレクセイ チェクンコフ — Minister of the Russian Federation for the Development of the Far East and the Arctic
Maksim Chugunov — General Director, Promobot

Front row participants:
Artur Biktimirov — Neurosurgeon of the Medical Center of the Far Eastern Federal University
Georgy Budnik — Co-Director , AXIOM; Director, Community & Education
Chen Herbert — Vice Chairman, International Association of Science Parks and Areas of Innovation (online)
Serge Conesa — Chief Executive Officer, Founder, Immersion4
Ilya Pinchevsky — Advisor to the First Vice President, Antey
Igor Semenov — Executive Director, First Ore Mining Company; Chairman of the Board of Directors, ARMZ LLC